蛍光マーカー付きボールペン

まず、最初に紹介するのは蛍光ペン付きボールペンです。

ヘッド部分に蛍光ペンの機能を備えた複合機能のボールペンです。赤、青、黒と3色のボールペンは油性インクを使用しているので、スルスルと文字を書くことができます。そのうえに、クルッと逆さにしてフタを取ると中からでてくる蛍光ペンで、マーカーとして使うこともできるので、利便性が高いのです。

そして、同じ蛍光マーカーでも筆ペンと組み合わせたペンがあります。これが意外と使い勝手が良いようです。通常の硬いペン先の蛍光マーカーだとマークするラインの太さを変えにくかったのが、ペン先を筆ペン状にする事で、自由に素早く蛍光ラインの太さを調整できるのです。ちょっと考えると、真っ直ぐに蛍光ラインを引くときに、使い勝手の良くない印象を受けがちですが、そんなときも均等な太さで引くことができるようで、引き心地も良いようです。

蛍光ペンをもう1つ。そもそもインクが「乾く」という事がないため、色がにじむ事がないゲル化剤でできた固形蛍光ペンです。勉強用のノートのような薄い紙でも裏写りしないし、ラインを引いて直ぐに手を触れても色が付くこともない。なんといっても、キャップの閉め忘れで、芯が乾燥してインクが出なくなってしまうことが無いのが有りがたい。いちいちキャップを付け外ししてラインを引くのは結構手間でしたよね。仮に、キャップを閉め忘れていたとしても、2日位は芯が乾かないそうなので、安心できますね。

そして、ホワイトボード用マーカーのペン先に蛇腹を採用したペン。筆圧を変えることで、まるで筆のようにペン先がしなって、強弱をつけた表現豊かな色々な文字をホワイトボードに描くことができるのです。

 

Previous Article
Next Article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

安心の自費出版をチェック!

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版まで

おすすめの起業セミナー

起業セミナー 株式会社GOSPA

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。