Recent Posts

  • プレゼント

    ワンランク上のお馴染み文具

    普段お馴染みの文房具をちょっとしたプレゼントとして選ぶならば、ひと工夫付け加えられた、ワンランク上のものが、贈り物として喜ばれることでしょう。たとえば、ペーパークリップは、使用頻度の高い文房具ですが、定番の楕円形ではなく、リング型や動物の形などさまざまな形のものがあるようです。普段は味気ないクリップをイチゴの形のクリップに変えると、仕事中でもほっこりしてしまいそうですが、そんな様子を想像しながらプレゼントを選ぶと楽しくなりそうです。 付箋も日常的に使用するアイテムで、形の可愛いものがたくさんあります。色のグラデーションをつけただけでも、さりげない可愛さがありますが、もっと主張の強いものを選ぶなら、人の形をして足と手の部分に粘着性があり、いろいろなポーズを楽しめる付箋がよいかもしれません。 おしゃれなペンケースもプレゼントとして効果的です。通常、ペンケースはファスナーか巻きペンケースですが、がま口の口金で開閉するタイプで、本革の細身のペンケースがあります。片手で閉じたり開いたりできるので使い勝手もよく、お手入れをしていれば艶が出て高級感が増し、一見輸入物にも見えるところも贈り物として喜ばれそうです。 少し意外性を狙ったところでは、色鉛筆のケースに入ったソーイングセットというのもありかもしれません。缶にはお馴染みの色鉛筆の模様がプリントされているため、中身も短い色鉛筆が入っているように思えますが、開けてみるとカラフルな糸やメジャー、小さなハサミなど、缶の蓋と同じ色鉛筆の模様がちりばめられた一式が入っていて、意外性と可愛さでテンションを上げるには効果的かもしれません。 ハサミをプレゼントとして選ぶ人は少ないかもしれませんが、全面ブラックコーティングされたテープなどの粘着物が刃にくっつきにくいタイプは機能性の面でも優れ、プレゼントされると嬉しいかもしれません。ただし、これにはデザイン性は求められないため、贈る相手を選ぶ必要はありそうです。

  • すごい!と言わせる文房具

    すごい!と言わせる文房具

    すごい!と言わせるユニークな文房具は、贈り物には最適です。 就職・進学など、新たな節目を迎える人にぴったりなのが、ナイフで丁寧に削ると削りかすが桜の花びらの形になる鉛筆です。削りかすが虹色で、受け取った人も気持ちも穏やかになりそうです。パッケージにひと言メッセージを添えて贈ると、大切な思い出として心に残るプレゼントになりそうです。 楽器を演奏する人には、どこででも五線譜が引ける定規が喜ばれそうです。スライダーにペンを差し込むと簡単に五線譜を引くことができ、ペンを差し込む穴が6つ付いているので、ギターのタブ譜にも利用できます。 また、整理整頓に凝る人には、文房具を美しく収納できるボックスがあります。色とサイズが数種類あり、磁石が内蔵されているため、側面を軽く持ち上げるだけで吸い付くように箱の状態になります。小さな箱を大きな箱にぴったり収めることもできるようです。 疲れ気味の人には、遊び心もある枕機能付きノートがよいかもしれません。外側がポリウレタンの柔らかいクッションで、触り心地もよく、忙しい人にひとときの癒しの時間をプレゼントをするすることができそうです。中身はシンプルな罫線で、リフィルもあります。 デザイン性の高いステープラーも選択肢としてよいかもしれません。テコの原理で軽い力で紙をとじることができるメタル製ホチキスは、デザイン性が高いばかりではなく、連続で使用しても疲れにくいという実用性も兼ね備えた優れものです。一般的なものより大きいですが、シンプルなデザインで高級感があります。 鉛筆を使う人にぜひプレゼントしたくなるのが、万年筆のような外見の補助軸です。本格的な見た目と鉛筆のギャップに遊び心が感じられ、プレゼントされた人は必ず使ってみたくなるかもしれません。

  • 不思議な文具

    世の中には、何に使うのかわからない不思議な文房具というものがあります。遊び心たっぷりで、贈った相手のリアクションを楽しむのもよいかもしれません。 たとえば、見た目がヒヨコの修正テープです。クチバシの部分からテープが出るようになっていて、かわいい見た目のものは使い勝手の点で劣るのではないかという印象を持ってしまいがちですが、とても握りやすくできているようです。自立しているため、机の上でもさっと手に取ることができ、なによりもそれ自体が癒しとなるのも魅力かもしれません。また、ハイヒールの形をしたステープラーも一見何の文房具かわかりませんが、女性なら見た目のインパクトで思わず手にとってしまいそうです。本来、ステープラーを含めた事務用品は、会社が備品にするようなものなので、デザイン性がほとんどありませんが、そんな概念を覆したものと言えるかもしれません。 さらに、ミニチュアの跳び箱を文房具コーナーで目にしたことがあるかもしれませんが、単なるオブジェと思うかもしれません。実は収納箱としての機能を果たし、サイズ違いでいつくもあり、文房具のサイズに応じて利用ができ大変便利なものです。跳び箱のデザインをうまく実用性に結びつけた優れものです。 また、海外では日本では発想のなかった文房具もあるようです。たとえば、鉛筆削りを巨大化したデザインのペン立てがあります。天然木削り出しで高級感を出し本来の鉛筆削りとしてではなく、ペン立てとして存在しているところがおもしろいところです。 そのほか、削りかすでさえ美しいレインボーカラーの鉛筆も意外性があり、感性に訴える文房具として贈り物に適しているといえるかもしれません。誰もが鉛筆の削りかすはゴミ箱に捨てられるものとして扱いますが、見逃しがちなところにさえ、遊び心や楽しさを見出すことのできるアイデア文房具です。    

  • 封筒、はがきの書き方

    封筒、はがきの書き方

    封筒に入れる手紙が長文に及ぶ場合、安易に封じてはいけません。手紙の執筆は下書きに始まり、推敲、清書、点検を経ない限りミスが生まれます。推敲とは、書き上げた草稿を何度も読んで加筆、修正することです。どんなに文章力ある人でも一度で完成させることなどできません。清書はこの推敲を経た文を丁寧に写すことを意味します。最後に総点検して完成します。 さて、封筒の宛名は真ん中に大きく書くようにします。住所は都道府県に始まり、室番号まで詳しく書きましょう。「~様方」を書くときは改行するようにします。全体のバランスとしては、住所は宛名より下に伸びないようにとどめます。宛名は一行におさめる方が望ましいでしょう。漢数字は紛らわしく、住所で用いる場合は誤配に繋がりかねません。特に注意しましょう。「親展」「急信」は、切手の下に書くと良いでしょう。封じ目に市販のシールを用いるのも構いませんが、改まった手紙では考えものです。 はがきも書式の基本は封筒、手紙に準じます。ただ前述したようにあくまでも略式です。用件を簡潔に書くよう心掛けましょう。差出人の住所は表に書くのが一般的ですが、適宜裏に書いても構いません。年賀状は印刷したものが増えましたが、簡単な挨拶くらいは手書きで記すことで、相手に良い印象を与えます。黒色のインクを使い、万年筆で書くのが理想です。また招待状等の往復はがきには、返信用の宛名が予め印字されています。名前の下に「行」と書かれているので、それを二本線で消し、「様」あるいは「御中」と書き直します。自分の名前を書くスペースに「ご芳名」とある場合は、「ご芳」を消すのが礼儀です。

  • 手紙の書き方

    手紙の書き方

    先ず書き出す際の言葉について述べますが、頭語や起筆と呼びます。一般的なのは「拝啓」、「拝復」等でしょう。畏まった文では「謹啓」が用いられます。最近の傾向としては、親しい関係の相手には、こうした慣用句が使われなくなっています。 次に時候の挨拶に触れましょう。季節によって挨拶文は変わります。例えば「炎暑の候・・」という具合に。都市部では実感が湧かないこともあるので、決まり文句を多用しないことも大切です。お見舞いや急用の手紙では省略されることも少なくありません。 前文で送り相手の安否を尋ねれば、丁寧な印象を与えます。自分や家族の近況を述べる際は後回しにしましょう。返事が遅くなったり、久しく便りを寄せなかったりした場合は、前文で詫びておきましょう。 主文の書き起こしとしては、「さて」、「ときに」等を用います。主文のスタイルは自由ですが、用件が的確に伝わるように配慮する必要があります。末文にはこれまた挨拶文を用います。「まずは用件のみ」等が無難でしょう。結語は頭語に照応させなければなりません。例えば「拝啓」には「敬具」、「前略」には「草々」といった具合です。 手紙を出す時のマナーとしては、親しい間柄であっても、それなりの節度を守ることが重要です。また用途に応じた書式を身に付けなけれなりません。その他基本的な心得ですが、返信する場合は時機を違えないこと、敬語や誤字には気を付けること、便箋の模様にも気を配ることを忘れてはいけません。また気にかけたこともない人もいるでしょうが、封書とはがきも使い分けましょう。はがきは身内や友人との間で交わされるものです。第三者に見られても差し支えない内容であることが基本です。他方、手紙は封書の場合、目上の人に送ったり、重みのある内容だったりすることが多いでしょう。  

  • 構成・章立ての変更

    原稿を書くときどこから書き始めるでしょうか。大抵は最初から書き始めることともいます。しかし、一概にそう決めつけることはありません。なぜなら、構成も章立てもすでに決まっているのですから、自分の書きやすいと思うところから書いても構わないのです。 本によっては一番初めに結論を持ってきて、そのあとに内容を考えながら上手く起・承・転を書き上げる方法でも良いのです。 また、書く作業が進むにつれて最初に考えた構成や章立てを変更しなくてはならないことも出てきます。また書く作業の中で構想を練っているときには気づかなかったことが見えてくることもあります。 そのような時は、最初の構成に捉われ過ぎず内容を調整しながら変更をしても構わないのです。 例えば大きく構成を変えてみたり、章の分け方を増やしてみたり、または思い切って順番を入れ替えるなどの変更も、時には内容を良い方向へ向かわせることもあるのです。 書く前に立てた構成や章立てはあくまでも仮に立てた案であって、決定案ではないので書く作業の進行で何度でもどのようにでも変更が可能なのです。逆にその繰り返しが作品の完成度を高めていく場合もあるのです。 それは文章を書くうえでも同じことが言えます。書いているとアイディアや書きたいことが次々と湧いてきてペンが進むと思えば、突然ペンが進まなくなることもあります。 そんな時は自分が無理して机にしがみつくのではなく、一度書くことを中断し気分転換すると気持ちも頭もリセットされて再度書き始めたとき、スラスラとかけることもあるようです。 または、今まで書いた文章をもう一度読み返してみるのも良いでしょう。流れをつかみ直すきっかけになることもあるからです。

About Us

We provide the information about stationary and also self-publishing for people who love and interesting in ! Let enjoy with us.

For more feather contact: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。