Recent Posts

  • 筆記具

    筆記具の歴史

    筆記具の歴史を概観して見ましょう。 何千年も前に、古代メソポタミア文明で、石版に尖った物で文字を書いたと思われる遺跡が見つかっています。 西洋では5世紀頃に羽ペン、中国では紀元前にすでに筆が発明され、インクや墨汁をうまく操作して文字や線を描くというのが主流のスタイルになります。 鉛筆もまた、インクや墨汁といった液体ではないだけで、筆記具の先端の物質を土台に転写するという意味で、この流れに含まれるでしょう。 現在主流になっている、ボールペン、シャープペンシルは筆記具の歴史の中ではかなり後発のものです。その進化の歴史は200年にも満たないものですが、近代から現代にかけての爆発的な技術力の発展にともなって、数え切れないほどの多様性を生み出してきました。一度文字や線を記すメカニズムの主流の方法が定まると、その中でのマイナーな更新や改善、素材のより適切な選択や使用において研究と開発が進められ、目覚ましい進化が日々創造されています。最近の画期的な筆記具の革新で言えば、「消せるボールペン」の誕生は驚くべき事件でした。 万年筆は、金属のペン先に溝を掘り、そこにインクを滾らせるというメカニズムとしては、18世紀の発明です。19世紀後半にインクをためておく方法も開発され、合わせて現在の万年筆の原型が発表されました。これは10年ほど経つと、日本にも入ってきます。当初はペン先は輸入し、ボディーや他の部分を国産していたようですが、徐々に研究が進み、すべてのパーツが日本製の製品も出てきます。 カートリッジ式の万年筆を作ったのは日本のメーカーとされていますが、具体的にどのメーカーなのか、というところは意見が分かれるようです。

  • 筆記具

    筆記具とは

    まず筆記具を定義してみましょう。 筆記具は文房具の中のカテゴリーになります。文房とは書斎を意味する言葉です。書斎で使用する用具が文房具となるでしょう。 筆記具は書斎で使われるもののうち、「書き物」をするときに使用される、文字や絵柄を描くのに使われる物です。 書斎で使われる、ということですが、昔でいう書斎、つまり書き物や読書、書類の整理などの作業を行う場所で使用される道具類という意味になっていると言えます。事務所でも作業部屋でも、もちろん居間の机で作業をしても、そうした用途の物品は文房具です。 なので、ペン類は、現場作業員が寸法をメモ帳に記す場合でも、当然、筆記具です。 最も馴染みの深い筆記具は、ボールペン、鉛筆、シャープペンシル、万年筆、マーカー、色鉛筆、蛍光ペンといったところでしょう。中でもボールペンとチャープペンシルが、おそらく最も使用頻度が高く、所有されている割合も高いと思われます。 さらに、より細かな用途に対応する筆記具が存在しています。製図用のペン、フェルトペンなど多数あります。 筆記具という言葉を見てみると、筆記のための道具、というふうに分解可能です。筆記は、「筆記試験」という言葉で知られるように、「手書きすること」です。手で書く物という英語はmanuscriptです。日本語では、古くは筆記行為のためにはもっぱら筆が使われていたので、その名残でほとんど毛筆など使われない現代も、手書きして記すことを「筆記」と呼び続けています。 古い時代にはもちろん、筆記のために原始的な道具が使われていました。粘土板に木の枝で文字を記しても筆記ですし、それらは筆記具です。いわゆるペン類の普及は20世紀の出来事ですので、それ以前に無数の筆記具が存在していたわけです。

  • ペン

    名入れボールペン作成の流れ

    名入れボールペンを作ってみたい、という人がここをみていると思います。 興味があるけれど、なんだか難しそう、発注の流れや注意点がわからない……   そんな人のために、名入れボールペンの発注から納品の流れを、あまり細部に立ち入らずに、ざっと俯瞰してみましょう。   一番簡単な手順で名入れボールペンを作るには、ウェブ上のフォームに入力して、オンライン注文をするのが良いですね。 「名入れボールペン 販売」などのキーワードで検索をします。様々な業者や商品が出てきますが、注文の流れの説明ページや口コミ、評判を見て、問題なさそうなところを選びます。 大手であれば特に、定まった注文フォームがあり、プルダウン選択や文字入力でデザインや本数、オプションを選び、フォーム送信して注文となります。 受注確認メールサービスはできれば利用しましょう。どちらのミスであれ、発注ミスで最適なタイミングを逃してしまっては、せっかくのものが価値を落としかねません。   参考サイトでは、注文確認メールに返信しなければ正式な発注とならないようにしているようですので、フォームを送って安心、ではないようです。メールボックスを必ず確認し、返信も迅速に行いましょう。   改めて、「これこれの注文を承りました」という確認メールが届きます。ここでは必ず、自分が選択した条件がしっかりと記されているか確認しましょう。 銀行振込で支払う場合、さらに入金を確認してから、製造をスタートすることがほとんどですので、入金もなるべく迅速に行いましょう。   あとは完成品が届けられるまで、こちらにできることはありませんので、完成イメージを思い浮かべながら、楽しく待ちましょう。

  • 出来上がりまでにかかる時間

    自費出版をしようと考えているとき、気にすべきポイントとして、「納期」つまり発注から手元に届くまでの期間の長さというものがあると思います。   もし時事的な問題についてのルポや評論であったら、出版までに時間がかかりすぎて「旬」が過ぎてしまっている、などという事態を避けたいものですよね。   また、誕生日のプレゼントや団体の創立記念日に合わせて出版したいという明確な期日がある場合は、必ずそれに間に合わせなければいけません。 「まあ3日もあれば大丈夫だろう」と見くびっていて、大事な会や式典に間に合わなかった……こんな残念なことはありません。必ずいつまでに必要かということを明確化して、それに間に合う仕事をしてくれる出版社を探しましょう。   大手の自費出版社は、昨今の自費出版の普及の躍進もあって、オーダーが溜まってしまっていることもあるそうで、最初の入稿から1年、2年とかかるケースもあるようですね。長期的な計画が練られていて、それでも大手に依頼したいという場合は、もちろんその意思を通した方が良いでしょう。   受注が溜まっており、作業に滞りが出ていないような場合の一般的な納期としては、最終稿が手元にあり、編集や校正が不要だという場合でも一ヶ月程度、レイアウトの作成や編集作業が必要な場合は三ヶ月程度が見込まれます。 もちろん、編集作業の中で修正を加え、作者と編集者がやりとりして、という過程でどんどん問題があらわになり、とても長い時間をかけることになった、というケースも、ままあります。一般的に、スムーズにやり取りが進んだ場合の、目安として、一ヶ月から三ヶ月程度、という認識をしておいてください。   入稿の前に、相談の時点で、だいたいうちだとこのくらいかかります、という目安を教えてくれる出版社がほとんどですので、依頼する会社にめどがついたら、必ず納期について確認しましょう。

安心の自費出版をチェック!

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版まで

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。