Recent Posts

  • 見栄えが違う。名入れボールペンの文字色、素彫り、位置。

    文字色は店によって用意されている色が違いますので、色見本やサンプルを見せてもらうといいでしょう。一般的には、金色、銀色、黒色があります。 もとのペンの素材と名入れされる時に付けられる色によって仕上がりの見栄えも異なってきます。贈られる方の色の好みもある程度はイメージしながら、色を決めていくと良いと思います。 ペン自体の軸の色がありますので、基本はペンの軸色より明るめの色を選ぶか暗めの色を選ぶかになります。 名前を入れることによってペンよりも名前にインパクトを与えて名前を際だたせいたのか、それともペンの質感を全面にだし、名前の部分は脇役としてさりげないほうが良いかなど、色の選び方にはいろいろな選び方が あります。 一般的には、贈る相手のお祝いの内容によっても名前の色選びには意味あいがあり、金色、銀色、黒色が無難と言えますが、ペンの軸の色によっては他の色の選択も見栄えが一層美しくなる場合もあります。まずは店によって名入れできる色の種類も違ってきますので、選択できる色を確認しながら、ペンの軸の質感との 組み合わせでベストチョイスしていきましょう。 ペンの軸の部分は金属製、プラスティック製、木製などがありますが、名入れする色が同じでも、ペンの軸の色によって見栄えが若干異なってきます。 おすすめな選び方としては、もとのペンの軸の素材の美しさを引き立てるような名入れの色を選ぶことです。 名入れ無しの状態のペンの軸の美しさもあり、さらに名入れによって相乗効果が出るような色を選ぶということ です。 また店によっては色入れなしでそのまま彫る素彫りというのもあります。 素彫りのばあいは選んだペンの素材に対してそのまま色をつけずに彫りますので、金属でできているペンでそのまま彫った場合でも表面の素材と同一であれば、個性的な見栄えの名入れも可能です。 素材の光沢の美しさのままで、名前が刻印されますので、色落ちも無く、贈られた方も普段では見たことの無い刻印ですので、強く印象に残るかもしれません。 素彫りの際のチェックポイントはペン自体の素材の質感をうまく利用して刻印されているところにあります。

  • ペン

    ペンは、使い勝手で選ぶか感覚で選ぶか?

    とても内気な性格だった小さい頃の私は、友達も少なくみんなに話しかけるきっかけをみつけることができませんでした。 そんなとき、ぽつんと独りだった私に話しかけてくる子がいました。びっくりしました。 その子は、たまたま私の持っていた名入りボールペンを見つけたからでした。カッコいいボールペンだね、というところから会話が弾んだ覚えがあります。 それ以降、文房具は人とつながるきっかけになるという考えに至りました。 とはいえ、それは文房具の使い勝手や実用性よりも、カッコいいとか面白いとかいった感覚、感性によるところが大きいと思います。なぜかというと、感覚的なものはどんなひとにでも伝わるし、すぐに魅入らせることができるので、長い言葉で伝える必要がないからです。 使い勝手や実用性は大切ですが、人とのコミュニケーションが苦手な私のような人間にとって感覚はもっと大事なのです。だから、私はどちらかというと文房具の感覚的なところの魅力を伝えることにしています。それが、ひととつながるきっかけになるからです。 ここでは、私が見つけてきた沢山の面白いカッコいい文房具、特にペンを中心に紹介しています。 そして、すこし面白い観点から紹介しています。通常は、文房具は使い勝手とか事務作業し易いとかといったところから紹介されるものですね。でもこのサイトでは、人とつながるきっかけになるとか、プレゼントにすると喜んでもらえそうだとか、そんな切り口で紹介しています。 だから、「モテそうなペン」「見栄張りペン」「プレゼント向きペン」「自分の満足用ペン」「摩訶不思議な感じのペン」等々に分類してみました。 すこし面白い観点からですが、参考になれば嬉しいです。楽しくて面白くてカッコいいペンがあります。

  • 名入れの書体・文字数(書体の種類や制限文字数)

    ・筆記体(英字)   比較的、人気のある書体です。何文字まで名入れできるのかは事前に確認しておきましょう。 また原則として、名入れは「頭文字は大文字、それ以降は小文字」での名入れとなります。筆記体の場合は、大文字のKとH、IとT、小文字のgとz、cとoの文字の形が似ていますので、名入れの際に筆記体を選ぶ時は、名入れする文字の中に上記の文字があった時の見栄えに影響しますので事前に確認すると良いでしょう。 ・ブロック体(英字) 読みやすさから人気のある書体です。何文字まで名入れできるのかは事前に確認しておきましょう。名入れは大文字のみなのか、小文字が混在しても大丈夫なのかを事前に確認すると良いでしょう。 一般的には大文字のみの名入れが可能です。 ・サンセリフ体(英字) ブロック体で、大文字・小文字が混在した形での名入れを行う時に使用される書体です。原則、名入れは「頭文字は大文字、それ以降は小文字」での名入れとなります。 ・和文 フォントの種類は何種類あるか確認しましょう。丸ゴシック風の書体が一般的です。名入れは「漢字・ひらがな・カタカナ」のいずれかで名入れが一般的です。 また文字の版がない場合、版が必要となりますので、別途、追加料金がかかります。 このように名入れの書体にも種類がありますが、選んだペンと名入れの部分のバランス感がどうなるのかを事前チェックできるようなサービスを行っている店もあります。 ペンも、名入れに選択した書体もそれぞれは良くでも、名入れした後の印象ががらっと落ちてしまわないように事前に確認できる場合は確認をしたほうがよいです。事前に確認できない場合でも、サンプルなどで全体のバランス感をつかんでおくことをおすすめします。

  • 出版社

    出版社と書店

    自費出版する上で、出版業界の慣習や業態の実際について理解しておくことは重要です。中でも最近注目されているのは、出版業界全体が不況に喘いでいる中、また海外のネット書店が幅を利かせる中、「取次」との関係性がどう変わるのかということです。出版業界は90年代にピークを迎えて以降、急速に縮小してきました。パソコン解説書の大手や思想系の寵児と目されていた出版社等も、次々と破産するに至っています。出版社はこの数十年、胡坐をかいていたわけではありません。経営努力は他業種と比較しても、言われるほど劣っていたわけではないのです。それにもかかわらず一向に振るわないのは何故でしょうか。 原因は色々考えられます。インターネットが普及したこと、娯楽が多様化したことも大きいと思われます。しかしそれ以上の阻害要因が、実は「取次」を介した「流通」にあるのだと指摘する人もいます。「取次」は出版社と書店との間に介在し、日本では2社のみでシェアの70%を占めています。確かに小さな出版社が自力で全国の書店に本を届けるのは不可能なので、取次が介在するのは至極当然とも言えます。消費者にとっても田舎に住みながら大抵の新刊を地元の書店で手に入れることができるため、大変便利なシステムです。また出版社が取次に支払う手数料も8%前後に止まっており、書籍代金に占める書店の上乗せ額や著者印税の方が割高です。では「取次」システムの何が問題なのでしょうか。 あまり知られていませんが、書店における本の値引きは認められていません。その代り、売れ残った書籍を出版社に返品することができます。この「売れ残り0保証」の制度によって、書店としては売れ残りのリスクを考える必要が無く、「品揃え」に専念できます。    

  • 名入れペンを購入する際に注意したいポイント(ペンの質、品揃えの豊富さ、名入れの文字数)

    ・ペンの質、品揃えの豊富さ ペンとして字を書いた時にペンの質は筆記具である以上、最も重要です。持ちやすさ、書きやすさ、書き味など、 いろいろなペンとしての質をチェックしましょう。 筆記具としてのクオリティを備えた製品は品揃えも豊富であることが望ましいです。ペン先の太さ・細さ、色や形、 大きさやインクの種類など十分な品揃えをしている所であればそれだけ選択の幅も広がります。 目的や用途や場面に応じて適切なペンを選べることも必要ですし、高品質で、多彩なペンのラインナップを揃えた お店を選ぶようにしましょう。 やはり品揃えが豊富な店でいろいろ選んでいったほうが、妥協せずに選ぶことができます。 筆記具として使用されるわけですから品質や機能性といった所も見逃せない部分です。また書き味は好みの部分も 大きいですから、自分用にペンを選ぶ時と贈り物としてペンを選ぶ時の違いを見つけていくことも大事です。 なかなか贈り物となると判断に迷う時もありますが、まずはペンとしての質が良いものを選ぶようにすると よいでしょう。 ・名入れの文字数 名入れできる文字数については各店各様です。意外に注意が必要なのが、名入れできる文字数です。わずかな文字数 しか入れられないというところもあります。1行だけの名入れなのか、1行でも大丈夫なのか、何文字まで入れられる のか1行あたりの文字数は何文字なのか、文字数による料金の違い等などをチェックするようにしましょう。 企業名やイベント名のように多くの文字数が必要になる場合もありますが、名入れ可能な文字数はケースバイケース なことが多いので、ペンを選んでいる時に、ペンの形、名入れをするペンの場所などをあわせてチェックしながら 選んでいくとよいでしょう。

  • 名入れペンを購入する際に注意したいポイント(アクセサリーのラインアップ、最小ロット)

    ・アクセサリーのラインアップ アクセサリーのラインアップにはどんなものがあるのかをチェックしましょう。 主にギフトボックスやペンポーチといったアクセサリーがありますが、企業などがノベルティグッツで名入れペンを配布する時でも、相手や 配布するイベントのグレード感によっても名入れペン以外にもペンポーチなども必要になってくる場合もあります。 名入れペンとペンポーチのバランス感も大事ですし、もちろん費用感も大事です。 名入れペンのみを配布するイベントの場合は、アクセサリーにまで気を配る必要はありませんが、相手を惹きつけるような ちょっとしたアクセサリーがトータル的な費用感も手ごろであれば検討してもよいかもしれません。 重みのある行事や大きなイベントなどでは名入れペンをボックスやポーチに入れて配布するとブランド力が高まります。 アクセサリーを揃えているかどうかの確認もしておくとよいでしょう。 一般的には、個人向けの名入れペンでしたらペンのメーカーのケースがそのままついてきますし、それで十分だとも 言えます。大事なことは送る相手や、贈る意味を考え、名入れペンにちょっと一味付け加えるような感覚でケースなども こだわりも持ってオプションとして付け加えるのもありです。 ・最小ロット 名入れペンは最少何本から注文可能なのかという最小ロットは必ず確認しておきましょう。 また本数が多くなるにつれて一本当たりの価格が割安になるのか、そのままなのか、さらに企業などで定期的に ノベルティグッツとして定期的に名入れペンを発注するのであれば、費用面のこともしっかり見積もり取って 総合的に判断した上で発注をおこなうとよいでしょう。 安さをアピールしていても、実は巨大ロットが条件というお店もあります。最少ロットや1本あたりの価格が費用的に 妥当なものかを判断することが必要です。

安心の自費出版をチェック!

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版まで

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。