Recent Posts

  • 名入れペンの「名入れ」は誰に委託する?

    名入れペンを購入したいと思った時 まずどのような人や業者に委託するのが良いのでしょうか。 一般的には、ペン本体の購入先と名入れを執り行う業者とは、一致しているケースが多いです。 製品プラス名入れ、セットでいくら、というような形態で売り出している商品がこれに含まれます。   そして、持ち込んだペンに対して、名入れだけを行なってくれるサービスを提供している業者もいます。 実は名入れペンの多くが、このボールペン購入と名入れとのセットでの提供を条件としていることが多いのです。 というのも、名入れは失敗する可能性があるため、保証をつける必要が生じるのです。他店で買った製品はストックを持っていないし、古くて替えの効かないものであったらなおさら、失敗時に補償するというのは難しいです。お金で埋めあわせるしかありません。 逆に、名入れのサービスだけを行なってくれる業者というのは、製品の販売が目的ではなく、名入れというサービスを提供する、刻印やプリントの専門業者であることが多いようです。 つまり、文具の販売ではなく、ペンに限らず文字や絵柄をものに記すことを専門に行うプロです。 失敗可能性の低さに加えて、こうしたサービスのプロに委託すると、出来栄えも質が高くなるものですよね。 しかし、それだけ費用はかさみます。ペンの販売と名入れの提供という二つの業者を経由するのですから、当然と言えば当然ですよね。 予算や効率を苦慮して、どちらのサービスを選択するのか、より自分のニーズにあった方法が理解できるようにしましょう。

  • 彫刻による名入れ

    彫刻による名入れは、大きく手彫りと機械によるものに二分されます。   手彫りはプロの職人に依頼することが多いので、出来栄えは一際素敵なものとなるでしょう。   機械はレーザーを用いるものが一般的です。刃の大きさに出来栄えの細かさが依存する彫刻と異なり、かなり細かい線を表現することができます。   例えば社名を入れた名入れボールペンを200人の社員に支給する、といった場合は、レーザー加工による名入れの方が効率が良いですよね。 職人に200本の彫刻を施してもらうには、莫大な時間とコストが必要となります。加えて、彫刻のタッチやニュアンスが同じ職人でも時により異なってくるので、それは「味わい」なのですが、企業の一体感を表すには、あえて機械的な同一のデザインのものの方が良いということもあります。 誰にどのような目的であげるものなのか、ということを念頭に置いて、それにふさわしい名入れの方法を選んでください。   ペンの販売をせず、持ち込みのペンに対して名入れを施してくれる業者は、彫刻の専門業者であったり、レーザー彫刻が得意な業者であったりと、技能において優れていることが多いです。 こうした業者は、フォントを定めたりせずに、極端な場合には持ち込みの絵を入れてくれるところもあります。 おじいさんに、孫の書いた絵が印刷された万年筆をプレゼントする、なんていうことも対応してもらえる業者もあるでしょう。 こんなに嬉しい贈り物はありませんよね。名入れの様々な手法や特徴を理解して、思い通りのものを作れるようにできるのが理想です。

  • 名入れペン選びのポイント

    万年筆やペンは、毎日使うものですし、人間にとって非常に大事な言葉を記録するための重要なツールでもあります。 パソコンの急進的な普及で、文字を書き込むこと、情報を保存しておくことのフォーマットは大きく変化しました。効率化の波の中で、書類や文章を作ることは、ほとんどの場合、ワープロソフトやパソコンのメモ帳で行われるのが大半になってきました。 とは言え、ペンで文字を記すことの価値が相対的に落ちてしまったというわけではありません。 むしろ、データでは表現できないニュアンスや筆跡という概念、画面以外の様々なところに書き込める利便性といった特性から、改めてその価値をアピールし続けているのが、ペンなど筆記用具だと言えます。 署名やサインといった、文字情報というよりは本人による契約や承認という象徴的な意味が大きい行為においては、未だに手書きでなければならない、というルールのようなものが存在しています。パソコンなどで記録された文字情報よりも、手書きで記された文字の方が、価値が大きいということもできるのではないでしょうか。 宅急便やクレジットカード利用の際など、印鑑ではなくサインを求められることも多いですよね。 つまり手書き文字には、印鑑と同じように、本人が確かに承認したものです、というアイデンティティーが内包されているのです。 そんな、デジタル化社会の中でも重要性を保ち続け、増してさえいるペン。 万年筆や量産型でないボールペンは、そういった意味で貴重かつ価値のあるものであり、社会生活と日常生活の両方において頻繁に用いられる文化的な物品です。 そういった製品は、自分への、また大切な人への贈り物にぴったりなものです。 そうした重要な物品であるペンに名前など言葉を刻印して、人に贈るというのは儀式的・象徴的にも、深い祝福の念の現れとして、最適なものだと思われます。名入れペンや名入れボールペンをギフトとして送るのがはやっています。最近では安く簡単にネットから注文ができます。おすすめの名入れボールペンを注文できるサイトは名入れペンネットです。

  • 就職祝いの定番アイテム

    就職祝いの定番とされている人気アイテムをご紹介しましょう。   ・ビジネス用のバッグ 社会人としての印象を大きく変えるアイテムのひとつが、バッグです。 最低限の条件としては、A4サイズの書類がらくらく入るサイズであることでしょう。 あとはシンプルめな大人っぽいデザインであれば、使いやすいのではないかと思います。 さまざまなタイプがありますので、迷った場合は本人に直接好みを聞くのもよいでしょう。   ・腕時計 これも社会人としての必須アイテムのひとつといえるでしょう。 スーツに合う定番のデザインが使いやすく、何本かあっても日によって付け替えることが可能です。 新社会人であればそこまで高価な物でなくてよいので、できれば長持ちしそうなタイプを選んだほうがよいかと思われます。   ・革靴 スーツを毎日着る方なら、何足か持っておきたいのが革靴です。 足に合うかどうかやサイズが大切なので、できれば本人と一緒に買いにいくのがベストです。   ・折り畳み傘 ビジネスバッグに入る、シンプルで軽めな男性向けのものであれば使いやすいでしょう。  

  • 新社会人の男性へのプレゼント

    社会人として新たな道へと進んでいくことが決まった男性の方へ就職祝いのプレゼントを贈りたいと思っていても、何を選べば相手が喜んでくれるのか分からず迷ってしまうことってありますよね。 今回はそんなあなたのために、新社会人となる男性の方へ贈りたいプレゼントの選び方をご紹介したいと思います。   まず贈りたいプレゼントを選ぶ前に、大体の予算を決めておくとよいでしょう。 予算を決める際は、プレゼントを贈りたい相手との関係や自分の懐事情をふまえつつ、金額を決めていく形となるかと思います。 2018年現在の相場としては、家族・恋人であれば5,000~30,000円程度、それ以外の友人・知人などであれば1,000円~5,000円程度となっている模様です。 特に友人同士やちょっとした知人の場合、就職祝いとしては、ささやかな雑貨などを贈るのが定番となっています。 あまりにも高額なプレゼントを贈ってしまうとかえって気をつかわせてしまう結果となりますし、程々の金額にしておくのが無難です。   大体の予算を決めたら、実際に品物を選んでいきましょう。 就職祝いの定番は、実用品です。 特に男性の場合は社会人になってから必要となる文房具や雑貨をはじめ、何枚あっても困らないネクタイやワイシャツなどが好まれるとされています。 そして選ぶ際は、落ち着いた色やシンプルなデザインの定番のものにしておくのが鉄則です。 あまりにも奇抜な色やデザインのものは新社会人としては使いづらく、定番であれば日常から無難に使いこなすことが可能となるでしょう。      

  • バラエティに富んでいく「ふせん」の世界

    「ふせん」は、本来、目印を付けるために用いるものですが、今やその使用目的は多岐にわたっているようです。ふせんの自由に貼りかえられるという特徴を利用すれば、使途はどんどん広がってきます。常に手元においておき、アイデアや大事な情報を書き留めてストックしておく目的で使う人も増えてきているようです。同じような使い方のメモ帳は、一度切り離してしまうと無くしやすく、あくまでも一時的に書き留めて、すぐに捨てるということが前提にあります。その点で、ふせんは貼ったり剥がしたり自由にできることから、保存するという目的を持って使用しても、十分に機能するものとなります。アイデアが浮かぶ人と浮かばない人の違いは、その場で思い浮かんだものをメモしているかどうかの違いと言われていますが、そのアイデアを逃さないために、携帯に便利なふせんは、大いに役立つアイテムともなります。学生にとっても、ノートに貼り付けていけば、自由自在にレイアウトを変更できることから、勉強や暗記するための必需品ともなっているようです。 ただし、ふせんを使うときに致命的となるのは、勝手に剥がれて無くなってしまうことです。一般的なものでは、のりの部分が2割程度のようですが、この弱点を補うべく、のり面が広く、はがれにくいふせんも登場しています。 さらにデザインや形、大きさも豊富なバリエーションがあります。従来の一枚一枚剥がしていくタイプの他、テープタイプ、何度倒れても起き上がる立てられるタイプ、シールタイプ、吹き出しタイプなどさまざまです。またデザインの面でも、シンプルな無地のものから動物の絵柄入り、原稿用紙柄、伝言メモ柄などさまざまです。プレゼントに一筆添えるときに、文字だけでは物足りないときに利用するのにも適した柄がたくさんあるようです。 「ふせん」は、メーカー側が意図していなかった使用方法を、使用者側、とくに学生の斬新な発想で、用途がどんどん広がっていった典型的な例の文具といえるかもしれません。  

安心の自費出版をチェック!

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版まで

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。