Recent Posts

  • 手紙の書き方

    手紙の書き方

    先ず書き出す際の言葉について述べますが、頭語や起筆と呼びます。一般的なのは「拝啓」、「拝復」等でしょう。畏まった文では「謹啓」が用いられます。最近の傾向としては、親しい関係の相手には、こうした慣用句が使われなくなっています。 次に時候の挨拶に触れましょう。季節によって挨拶文は変わります。例えば「炎暑の候・・」という具合に。都市部では実感が湧かないこともあるので、決まり文句を多用しないことも大切です。お見舞いや急用の手紙では省略されることも少なくありません。 前文で送り相手の安否を尋ねれば、丁寧な印象を与えます。自分や家族の近況を述べる際は後回しにしましょう。返事が遅くなったり、久しく便りを寄せなかったりした場合は、前文で詫びておきましょう。 主文の書き起こしとしては、「さて」、「ときに」等を用います。主文のスタイルは自由ですが、用件が的確に伝わるように配慮する必要があります。末文にはこれまた挨拶文を用います。「まずは用件のみ」等が無難でしょう。結語は頭語に照応させなければなりません。例えば「拝啓」には「敬具」、「前略」には「草々」といった具合です。 手紙を出す時のマナーとしては、親しい間柄であっても、それなりの節度を守ることが重要です。また用途に応じた書式を身に付けなけれなりません。その他基本的な心得ですが、返信する場合は時機を違えないこと、敬語や誤字には気を付けること、便箋の模様にも気を配ることを忘れてはいけません。また気にかけたこともない人もいるでしょうが、封書とはがきも使い分けましょう。はがきは身内や友人との間で交わされるものです。第三者に見られても差し支えない内容であることが基本です。他方、手紙は封書の場合、目上の人に送ったり、重みのある内容だったりすることが多いでしょう。  

  • 構成・章立ての変更

    原稿を書くときどこから書き始めるでしょうか。大抵は最初から書き始めることともいます。しかし、一概にそう決めつけることはありません。なぜなら、構成も章立てもすでに決まっているのですから、自分の書きやすいと思うところから書いても構わないのです。 本によっては一番初めに結論を持ってきて、そのあとに内容を考えながら上手く起・承・転を書き上げる方法でも良いのです。 また、書く作業が進むにつれて最初に考えた構成や章立てを変更しなくてはならないことも出てきます。また書く作業の中で構想を練っているときには気づかなかったことが見えてくることもあります。 そのような時は、最初の構成に捉われ過ぎず内容を調整しながら変更をしても構わないのです。 例えば大きく構成を変えてみたり、章の分け方を増やしてみたり、または思い切って順番を入れ替えるなどの変更も、時には内容を良い方向へ向かわせることもあるのです。 書く前に立てた構成や章立てはあくまでも仮に立てた案であって、決定案ではないので書く作業の進行で何度でもどのようにでも変更が可能なのです。逆にその繰り返しが作品の完成度を高めていく場合もあるのです。 それは文章を書くうえでも同じことが言えます。書いているとアイディアや書きたいことが次々と湧いてきてペンが進むと思えば、突然ペンが進まなくなることもあります。 そんな時は自分が無理して机にしがみつくのではなく、一度書くことを中断し気分転換すると気持ちも頭もリセットされて再度書き始めたとき、スラスラとかけることもあるようです。 または、今まで書いた文章をもう一度読み返してみるのも良いでしょう。流れをつかみ直すきっかけになることもあるからです。

  • よく用いられる挨拶文

    挨拶文としてよく用いられる定型文を覚えた上で、適宜アレンジして使用するとよいでしょう。以下に例を挙げることにします。 まず前文ですが、①返信の挨拶としては、時候の挨拶を省き、「お手紙うれしく拝見しました」、「お返事が遅れて申し訳ございません」等を基軸に書き直すとよいでしょう。②まだ会ったことのない人に出す場合、「突然お手紙を差し上げる無礼をお許しください」や、「お目にかかったことはありませんが、お手紙させていただきました」 などと書き始めます。③安否を尋ねるケースでは、「お元気でお過ごしのことと拝察します」、「ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしでしょうか」といった言い回しは定番です。④逆にこちらの安否を伝える際は、「おかげさまで元気に過ごしております」、「相変わらず元気にしております」等が無難でしょう。⑤感謝の挨拶としては、「平素は何かとご高配いただき、誠にありがとうございます」のような定型文があります。参考にしましょう。 次に末文ですが、①相手の繁栄を祈るものがあります。「ご自愛くださいますようお祈り申し上げます」、「一層のご活躍をお祈り申し上げます」、「皆様のご多幸をお祈りいたします」等が知られています。②今後の世話をお願いする場合は、「今後ともご指導ご鞭撻のほどお願い致します」、「引き続き一層のご厚誼を賜りたく、お願い申しあげます」と記せば問題ないでしょう。③返事が欲しい時は、「恐縮ですが、折り返しご返事のほどお願い致します」、「お手数ながら何分のご回答をお願い申し上げます」のように、丁寧ながらはっきりと求めましょう。④最後に乱筆を詫びたり、「取り急ぎ(まずは)ご連絡まで」などと付言したりすれば、より丁寧な印象を与えることができます。  

  • 進化するボールペン技術

    近年のボールペンでは、筆記する際、その力でボールがボール受けの凹みに押しつけられ、ボールの回転を阻害されないようにするためのバネがチップ内に入れられていることが多いと言われています。 このバネは、とても小さいとされていながら、精巧なバネであり、しかも金属のボールを支えるための針金が、バネの先端に人差し指を立てたような形で突出しているようで、針金がボールと1点で接する構造となっているようです。 その先端の部分は、ボールが回転しやすいようにといった考慮がなされ、半球形に加工されているようです。これは、従来需要のほとんどであると言われていたスイス製の機械にはない機能であり、その工程の中で微細なバネを組み込むことはできないとされるため、脱脂後のチップに別の専用機で後ろからバネを入れ、蓋をしてバネが出てこないように加工しているとされています。 また、この微細なバネを作れるとされているのは世界でも数少ないとされており、トップシェアを誇るのは、なんと長野県にある会社と言われており、国内シェアはもちろん、世界シェアも誇っていると言われているようです。 チップが完成すると、インクタンクに圧入され、インクが充填されて中芯が完成という流れになるでしょう。 インクの充填は、芯の種類によって、チップ圧入前に行うものと、圧入後に行うものに分かれているようです。 ポリ芯や、インクタンクが細い場合には、タンクにインクを注入してからチップを圧入しているようです。チップを先に圧入してしまうと、空気の逃げ道がなくなってしまい、インクが入って行かなくなるからとされています。 粘度の高いインクは、先端が開いているタンクに注入しても、タンクの細さと粘度の高さでインクは前からこぼれません。 それに対して粘度の低いインクや、タンクが太い場合は、チップを圧入した後、注射針などを使ってインクを注入しているようです。 タイプによって蓋が付けられ、中芯の完成となるようです。

  • ボールペンのチップ作成の加工機

    チップを作成するために使用される加工機は、一枚の円盤に複数の加工行程を配置しているとされており、そのため全ての加工は同じタイミングで行われていると言われています。 一つの加工が終わったら、円盤が少し回転し、円周上に置かれている材料が次の行程のところまで移動する仕組みになっているようです。 円盤が回って材料が移動する時には、自然と円盤上に置かれた全ての材料が同時に動くということになるでしょう。 つまり、円周上で行われる各行程は同じタイミングで終了しなければならないと言えるのではないでしょうか。 行程としては「インクタンクに刺さる外径削り」「ペン先削り」「後ろから大きな穴を空ける」「前からボールの凹みを掘る」「ボールがインクへ向かう溝穴を掘る」「ボールを押すためのバネの入る凹みを掘る」「バネを入れる」「ボールを入れる」「ボールをカシめる」といったような加工が、大体一つの機械の中で順次、また同時多発的に行われているというイメージと言えるのではないでしょうか。 最終的に、ボールまで取り付けられた状態で機械から出てきたチップは、そのあとすぐに、専用の洗浄機で洗浄と脱脂を徹底されているようです。 これは、チップの切削作業工程の中で、大量の金属の切り粉と熱が出るため、加工中の機械は密閉された状態を保ち「熱冷まし」と「切り粉を流れ落とす」ために大量の油を浴びせながら加行を進めているとされており、それを綺麗にするための大切な工程であると言えるでしょう。 切り粉や切削油がチップに残っている場合、インク詰まりや変色などの不具合を起こしてしまうと言われています。 そのため、最終段階での洗浄と脱脂が徹底的に行われているようです。

  • ボールペンの「チップ」作成工程の豆知識

    「チップ」と呼ばれる部分は、ボールペンの先端にあるとされ、貫通穴が空いている小さな棒のことをさしているようです。 片側で「ボール」を保持し、その反対側で「インクタンク」に繋がっているとされ、インクをボールに誘導する働きのものをこう呼んでいるようです。 また「ボール」が先端にカシメられ、ボールと一体となった状態の部品の事を「チップ」と呼んでいる場合もあるようです。 チップの素材は、従来では「真鍮」が使用されていたようですが、近年は「快削ステンレス鋼」が使用されているとされ、パイプではなく、棒材から切削して製作されているようです。 棒材からの切削と聞くと、旋盤による「挽き物加工」を連想してしまいがちですが、このチップについては、かなり特殊な専用機が用いられ、切削からボールのカシメまで一気に行うとされているようです。 こういったチップ製造の専用機は、スイス製の工作機械がほとんど使用されているようで、そういったことから、品質は、どの業者でもある程度同じと言えるでしょう。 かなり複雑な複合加工機であるとされ、10工程以上あるとされる加工を、たった一つの機械の中で同時進行で進めていくと言われています。 チップの材料とされている「ステンレス鋼」という素材は、長いワイヤーのような棒状のものを工場に入荷し、細く短く切断されたあと、機械の中へ送り込まれるようです。 そして端からチップの材料を入れていくと、もう片方の端から、ボールのカシメまで終わったチップが完成されて出てくるという仕組みになっているようです。 この機械の特徴と言えるのは、ベルトコンベアに相当する部分が円盤状になっており、円盤が少しずつ回転することによって材料を運んでいくといった点にあるのではないでしょうか。

安心の自費出版をチェック!

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版まで

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。