消費期限と賞味期限の違いとは

 「消費期限」「賞味期限」といった項目は、何を意味しているのか初めは理解できないですよね。実はこれらの項目の定義は、厚生労働省と農林水産省とで行われています。しかもそれぞれが独自の定義を試みているため、「正しい理解」が難しくなっています。しかし要諦は共通しているので、ここで簡単に整理することにします。「消費期限」とは、未開封の食品や飲料が適切に保管された場合、腐らせることなく食べることが出来る限界日時を指します。また腐らないことに加え、品質の劣化も生じないであろう期間とも解釈することが出来ます。基本的には5日以内に食することが求められる食品に貼り付けられるもので、お弁当や総菜のラベルに記載されるのが典型例でしょう。一方、賞味期限とは、未開封の食品を適切に保管した場合、品質の劣化を恐れなくて良い期間の最終日時を指します。品質とは、美味しさ、色、食感、匂い等を全て含めた概念で、メーカーの主観によるところも大きいのが特徴です。消費期限とは異なり、製造後すぐには腐らない食品を対象とした食品表示で、数か月、数年単位で記載されることもあります。あくまでも作り手の物差しによりますから、その日時を過ぎたからと言って、すぐに捨てなければならないわけではありません。
 ところで、よく似た概念として、「品質保持期限」が知られています。これは厚生労働省の法令に基づいて表示されるもので、乳製品を対象としたものです。乳製品は扱いの難しい食品であることから、特別に規定されているのです。その期限までは腐らないであろうとされるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。