江戸時代の刀剣と人々

江戸時代、武士たちの中でも支配階級の人々しか、刀を帯刀することが許されていなかったなどと言われているようですが、町人や農民なども護身用として、短い脇差などは許可されていたようです。

江戸時代は、身分制度が大変厳しい世の中でしたので、特権階級である武士以外は、日本刀などの刀剣の帯刀は許されていなかったようです。

時代劇などに登場する、 無宿無などの悪者が、武士でないにも関わらず刀を振り回すシーンなどがあるかもしれませんが、幕府の取り締まりを逃れて刀剣を手にしていた人々は、実際にいたようなのです。

もちろん違法ではあったので、取り締まりにあえば御用となったのでしょうが、そのような法をかいくぐる形で刀剣を手にしていた人々もいたようです。

現代において、一般の人々が刀剣を手にする時にはそれなりのルールがきちんとあります。

きちんとしたルールの中でコレクションすることは合法でありますので、専門知識を持ったスタッフなどのいる刀剣商などのショップで、メンテナンスやコレクションに関する基礎知識を得ることは重要な要素となってくるでしょう。

Previous Article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。