原稿に写真などが入るとき

自費出版において原稿の作成を行う時に原稿用紙や原稿データだけでなく写真やイラストなどを使う必要に迫られることのほうが多いと思います。
そういった場合においてどのような行動をとればよいのでしょうか。
ここではそれについて考えてみましょう。
まず、自費出版で本のデータを出す時に写真や図などのデータも整理されている状態にしておかなければいけないかと思います。
原稿用紙や原稿データには通し番号がついていることがほとんどだと思いますが写真やイラストにも通し番号はつけておくべきでしょう。
丁寧にすすめていくのであれば原稿を書きながら同時進行で資料の順番も整理していくべきですね。
難しければ原稿完成の後でもいいと思います。
手書き原稿の場合や資料そのものが現物の場合は、資料の裏に付箋をつけて番号を記載しておくほうがよいでしょう。
形状がいびつであったりするものは写真をとる必要がでてくるかもしれませんが、迷ったときは編集のアドバイザーさんに相談したほうがいいですね。
最近では著者のほうであらかじめデジタルデータ化していることも多いようです。
その場合は通し番号も著者の方でしておかないといけませんね。
画素数で印刷精度が変わることもあるので、それもやはり編集者さんやアドバイザーにお願いしたほうがよさそうですね。
印刷時の解像度はWEBや印刷物によって変わってきますが、A4サイズだとしても600dpiあれば十分なのではないかなと個人的には思います。
実際使うときには300dpiなどが多いように思いますが余裕を持って350dpiという方も多いようです。
ただ心配性な自分としては倍になることもありえるかもと600dpiというわけです。
webは72dpiが一般的なようですね。
ただこれは時代とともに変動するところかもしれないので、やはりアドバイザーさんやご自身でも調べてみることをおすすめします。

Previous Article
Next Article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

安心の自費出版をチェック!

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版まで

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。