業種ごとの自費出版

自費出版を行っているのは、出版社という印象があるかもしれません。自費出版の広告を出しているのも大手の出版社が多いのですが、他にも印刷会社や編集会社などが行っている場合もあります。

それぞれメリットデメリットがあるので、どこで本を制作するかも比べる必要があります。

まず出版社についてですが、とにかく範囲が広いのがメリットです。編集ができる人もいますし、場所によっては流通経路の確保、広告や宣伝まで行えます。

ノウハウがあるので、相談もしやすい環境と言えるでしょう。内容もチェックしてもらえますので、ほとんど知識がない状態であっても本の制作まで行えます。

ただし費用は高めに設定されていることが多く、物によっては数百万円が発生してしまいます。人件費なども発生するので当然ですが、とにかく印刷だけがしてもらいたい、他のサービスは一切不要という人には高くついてしまうかもしれません。

逆に費用を安くしたい場合には、出版社ではなく印刷会社が良いでしょう。出版社とは逆に、とにかく印刷に特化しているので印刷料金が安く設定されています。

メリットにもデメリットにもなりますが、中身をチェックすることを専門とした人はまず存在しません。誤植などの恐れもあることは注意しましょう。

また、安く本の形にはできるものの、流通経路の確保、宣伝などのそれ以上のサービスを行ってない場合も多いそうです。全て自分で行わなくてはいけないので、本を売りたいと考えた時には何かしらの行動を起こさなくてはいけません。

ある程度の本づくりの知識があり、宣伝なども自分で行える場合には印刷会社。中身のチェックなども含めて本づくりを任せたい場合には出版社を選ぶと良いかもしれません。

Previous Article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

安心の自費出版をチェック!

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版まで

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。