お客さん目線で古本を紹介する

ホームページで古本店を開いたとき、記載で注意しなければならない点がいくつかあります。実店舗なら買いたい本を手に取ってレジへ持っていく、これだけで済みます。ですがネット販売の場合どのような手順で注文すれば良いのか、お客さんが迷ってしまうことも少なくありません。せっかく来てくれたうえに欲しい本がリストにあったとしても、注文の時点で難航して結局あきらめてサイトを去ってしまわれてはもったいないです。詳しく記載がなかったがために誤解を与えてしまい、余計なトラブルを発生させてしまうのもお互いにマイナスになってしまいます。商品が発送されてお客さんの手元に届いてからも油断は禁物で、要望に合わなかったり期待していたのとは違ったりした場合に戻されてしまうことも少なくありません。サイトに最初から注意書きをしておけばお客さんが安心して注文できますし、万が一なにかあったときでも「ここに書いてありますので」と言えばそれ以上クレームが来ることもないでしょう。ただしページの隅っこにちっちゃく書いてあるような、あるのかないのか分からない状態にはしないでください。どうしてもメインで売る古本にばかり意識が向きますし、なるべく見てもらいたいのは店主なら誰もが思うところです。とはいえ詳しい説明や注文前の注意書きを読んでもらえないとなると、スムーズな取引ができなくなってしまいます。注文ページへの誘導はもちろん、もろもろの情報を入力して送信する前にお客さんのほうで確認事項を必ず読んでもらえるような工夫が必要です。支払いや配送法・古本の在庫表記の意味や手順・注文状況など、できるだけ詳しく、かつ分かりやすい注意書きを目指してみてください

Previous Article
Next Article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

安心の自費出版をチェック!

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版まで

おすすめの起業セミナー

起業セミナー 株式会社GOSPA

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。