古本ネット販売の限界

古本と言えば、昔はこじんまりとしたお店でほそぼそとやっているのが通常でした。 いまはネットやコンピュータの急速な発展・スマホの普及により、大手の通販サイトやオークションで誰でも手軽に売り買いできるようになってきています。 本業でなくても多くの人が市場に参入しているのですから、専門の古本店といえど、存在が危うくなるのは避けられないと言っても過言ではありません。 ネットで本格的に古本販売店をやってみたいという人も多く、ライバルが次々に増えてきている中、満足のいく収入を安定して得ることができるのはほんの一握りです。 黒字が続けば良いほうで、仕入れにかかる資金・もろもろの経費を考えると、手元に残るお金は微々たるもの。 店舗を持たないぶん信用性の獲得にもコストをかけなければいけませんし、そのためにはどうしても店舗販売よりも安めの値段設定にする必要があります。 ただでさえ見通しの決して良いとはいえないネット販売で値段を切り詰めないととなると、どうにもやっていけません。 古本販売だけで長く続けていくのは至難の業と言えるでしょう。 ネット環境さえあれば誰でも気軽に始められることから、簡単に商売できると思っている人も多いかもしれません。 もちろん値打ちのある古本をオークションで売れば、それなりの儲けにはなるでしょう。 しかし定期的に出品できるわけではありませんし、そういった掘り出し物はめったに手に入りません。 売れるかどうか分からない古本をひたすら仕入れてきて、リストに追加してコツコツと捌いていくわけです。 浸透しているイメージとは裏腹に、ネット販売ですら年々衰退の一途をたどっているというのが古本業界の実際のところです。

Previous Article
Next Article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

安心の自費出版をチェック!

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版まで

おすすめの起業セミナー

起業セミナー 株式会社GOSPA

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。