個人で行う宣伝

自費出版はアマチュアが行うことが多いので、一般的にはネームバリューがない状態で売り出さなくてはなりません。余程インパクトがあれば別ですが、上手く宣伝をしていないとそもそも手に取ってもらうことも難しいですし、書店で自費出版の本を宣伝してくれるとは考えにくいと言えるでしょう。自費出版を行っている出版社側でも、宣伝まで行ってくれるという場所は非常に少ないと言われています。そうなった時、最終的な宣伝は自分の力で行わなくてはいけなくなります。

個人で行う手軽な宣伝方法は、SNSを利用するという手段です。SNS上で繋がりが多い人であれば、そこから広めてもらえるという可能性も高いと言えるでしょう。また、あらすじや面白いポイントなどを読みやすくブログなどでまとめることで、興味を持ってもらえるパターンもあるでしょう。書店に行けば、まず表紙や背表紙のみの情報しか入りませんし、そこから中身を見てもらえることはさらに少ないです。場合によってはタイトルすら目に留めてもらえないこともあります。足りない情報を自分で補うと考えて作成するのが良いと言われているそうです。次に、インターネットではなく実際にチラシなどを作成する方法です。例えば絵本を自費出版したのでしたら、絵本の専門店に置いてもらえるよう頼んでみることや、自分がグルメ関係の自伝などを自費出版した場合のチラシは、関連性のある飲食店に置いてもらえる可能性があります。ただし繋がりがない限りは断られてしまう可能性も高いので、事前に連絡を入れて確かめることや、自費出版だからという理由を説明しても良いかもしれません。チラシを作るためには当然費用が掛かりますので、よく確認しましょう。

Previous Article

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

安心の自費出版をチェック!

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版まで

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。