発展し続けるシャープペン

個人の好みや一部の職業上の理由を除いては、シャープペンが登場して以来、鉛筆の愛用者は一気に減少してきました。その一方でシャープペンは、100円前後の価格で簡単なノック式、しかも芯さえ補充すれば、長持ちもするという手軽さで、使用者は一気に増加していきました。

鉛筆を削るという煩わしさから解放されたために、シャープペンが登場したころは、弱点ともいえる芯の折れやすさもそれほど気にもならなかったものの、文房具進化時代の現在では、弱点という弱点の改良が重ねられ、「折れない芯」というのも登場しています。芯の強度は、一般のシャープペンの15倍という優れものもあり、学生の筆記試験の時や、長時間の筆記で、芯が折れるというストレスから解放されそうです。

さらに、安価なイメージのシャープペンも、一方で高級化が進み、他の筆記具と同様、持っていることが自慢できる文具にもなりつつあります。なかでも、書くたびに芯が回転し、常に芯が尖り続けるものや、ブレない書き心地をテーマに開発された超極細シャープペンなど、大人ユーズの高性能、高価格帯のシャープペンも魅力的です。

とはいえ、シャープペンは、他のペン類に比べ、使用頻度も高いため、低価格帯で品質がよいことに越したことはありません。そこで求める品質のよさとは、「書きやすさ」と「手が疲れにくいこと」がポイントになります。また、自分の手に合った握り心地というのも大事かもしれません。

スペックの高さでいえば、製図用シャープペンが優れていますが、こだわりのある人は、普段使いとして、製図用を使用する人もいるようです。

また芯を出すときのノックが煩わしい人は、振るだけで芯が出るタイプもおすすめです。

Previous Article
Next Article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

安心の自費出版をチェック!

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版まで

おすすめの起業セミナー

起業セミナー 株式会社GOSPA

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。