手紙の書き方

先ず書き出す際の言葉について述べますが、頭語や起筆と呼びます。一般的なのは「拝啓」、「拝復」等でしょう。畏まった文では「謹啓」が用いられます。最近の傾向としては、親しい関係の相手には、こうした慣用句が使われなくなっています。

次に時候の挨拶に触れましょう。季節によって挨拶文は変わります。例えば「炎暑の候・・」という具合に。都市部では実感が湧かないこともあるので、決まり文句を多用しないことも大切です。お見舞いや急用の手紙では省略されることも少なくありません。

前文で送り相手の安否を尋ねれば、丁寧な印象を与えます。自分や家族の近況を述べる際は後回しにしましょう。返事が遅くなったり、久しく便りを寄せなかったりした場合は、前文で詫びておきましょう。

主文の書き起こしとしては、「さて」、「ときに」等を用います。主文のスタイルは自由ですが、用件が的確に伝わるように配慮する必要があります。末文にはこれまた挨拶文を用います。「まずは用件のみ」等が無難でしょう。結語は頭語に照応させなければなりません。例えば「拝啓」には「敬具」、「前略」には「草々」といった具合です。

手紙を出す時のマナーとしては、親しい間柄であっても、それなりの節度を守ることが重要です。また用途に応じた書式を身に付けなけれなりません。その他基本的な心得ですが、返信する場合は時機を違えないこと、敬語や誤字には気を付けること、便箋の模様にも気を配ることを忘れてはいけません。また気にかけたこともない人もいるでしょうが、封書とはがきも使い分けましょう。はがきは身内や友人との間で交わされるものです。第三者に見られても差し支えない内容であることが基本です。他方、手紙は封書の場合、目上の人に送ったり、重みのある内容だったりすることが多いでしょう。

 

Previous Article
Next Article

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

安心の自費出版をチェック!

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版まで

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。