よく用いられる挨拶文

挨拶文としてよく用いられる定型文を覚えた上で、適宜アレンジして使用するとよいでしょう。以下に例を挙げることにします。

まず前文ですが、①返信の挨拶としては、時候の挨拶を省き、「お手紙うれしく拝見しました」、「お返事が遅れて申し訳ございません」等を基軸に書き直すとよいでしょう。②まだ会ったことのない人に出す場合、「突然お手紙を差し上げる無礼をお許しください」や、「お目にかかったことはありませんが、お手紙させていただきました」 などと書き始めます。③安否を尋ねるケースでは、「お元気でお過ごしのことと拝察します」、「ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしでしょうか」といった言い回しは定番です。④逆にこちらの安否を伝える際は、「おかげさまで元気に過ごしております」、「相変わらず元気にしております」等が無難でしょう。⑤感謝の挨拶としては、「平素は何かとご高配いただき、誠にありがとうございます」のような定型文があります。参考にしましょう。

次に末文ですが、①相手の繁栄を祈るものがあります。「ご自愛くださいますようお祈り申し上げます」、「一層のご活躍をお祈り申し上げます」、「皆様のご多幸をお祈りいたします」等が知られています。②今後の世話をお願いする場合は、「今後ともご指導ご鞭撻のほどお願い致します」、「引き続き一層のご厚誼を賜りたく、お願い申しあげます」と記せば問題ないでしょう。③返事が欲しい時は、「恐縮ですが、折り返しご返事のほどお願い致します」、「お手数ながら何分のご回答をお願い申し上げます」のように、丁寧ながらはっきりと求めましょう。④最後に乱筆を詫びたり、「取り急ぎ(まずは)ご連絡まで」などと付言したりすれば、より丁寧な印象を与えることができます。

 

Next Article

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

安心の自費出版をチェック!

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版まで

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。