ボールペンに使われる「ボール」の素材知識

一般的に、ボールペンの「ボール」に使用されているとされる「ステンレス」という素材は、鉄に「錆びにくくするためのクロムやニッケルを含ませた合金鋼」であり、お手頃なボールペンによく使われる素材と言えるでしょう。

「ステイン」という言葉の意味は「錆び」であり、その「ステイン」に「レス」を付けることにより「錆び無し」という意味になるそうです。
材料の段階としては、長くて丸い棒であり、それを小さく切り分けたものを、それぞれ球体として圧縮成型するとされています。
安価に製造できるとされていますが、そのぶん耐磨耗性に劣ってしまうとされておりますが、実際に使用する場合、インクが無くなるより先にボールが駄目になると言ったことはあまり見受けられないレアなケースと言えるのではないでしょうか。

また、次に多いとされる「タングステン」という素材は、元素記号もついていることからもわかるように、自然界にある金属であり、原子番号も元素記号もある素材でしょう。
銀灰色の非常に硬く重い金属であり、これに炭素を加えて熱すると「タングステンカーバイト」と呼ばれる粉末になるようです。
この粉末に「コバルト」を少しだけ加え、丸い型に入れて圧縮し、さらに熱を加えて焼結したとされるものを「タングステンボール」と呼んでいるそうです。この製作工程を踏んで成型されたタングステンは、超硬合金と呼ばれており、とても硬い上に寿命が長いとされているため、多くの工業製品に頻繁に使用されていると言われています。

「セラミックス」という素材は、一般には陶磁器のことを指すようですが、工業的には基本成分が金属酸化物であるものを、高温での熱処理によって焼き固めた焼結体を指すようです。
つまり、土や粘土ではなく、粉末の金属を型で焼き固めたものであると言えるでしょう。磨耗が少ないとされているため寿命が長いという点や、インクに対して化学変化を起こさないといった点から、使用されることが多くなったと言われているようです。

Previous Article
Next Article

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

安心の自費出版をチェック!

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版まで

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。