ボールペンのしくみ

ボールペンのペン先である「チップ」と呼ばれる部分は、そのほとんどが金属製のため、丈夫であると思われることが多いとされていますが、そのイメージとは違い、意外とデリケートで衝撃に弱い、ということをご存知でしょうか。

特にペン先にある「ボール」と「カシメ部」と呼ばれるボールを保持する部分の隙間などは、それこそミクロン単位と言える繊細な設計となっているようです。
そのため、なんらかの衝撃を受け、この隙間が狭まってしまった場合、書き味が損なわれるのはもちろん、場合によってはインクが出なくなってしまうといったことにもなりかねないと言われています。
また反対に、衝撃によってこの隙間が広がってしまうと、インクが出過ぎたり、インク漏れなどの不具合を起こしてしまうようです。

ボールペンは、書くための道具というのは、説明をしなくともご存知でしょうが、ペン先を使って紙に穴を開けたり、硬いものを突いてしまわないよう、充分に注意して大切に使用するよう心がけると良いのではないでしょうか。

次に、ボールペンの「芯」を構成する要素を見てみましょう。
これは、大きく分けて4つあると言われています。
その中でも、特にボールペンの性能を決めると言われているポイントは「ボール」と「チップ」の2つと言えるのではないでしょうか。

ボールペンの先端に使用されているボールは、ステンレス鋼や、タングステン、セラミックス、プラスチックなどが使用されており、インクなどを自社生産している大手でも、ボールは他社から購入していることが多いようです。
筆記具以外の工業製品でも、ベアリングと言ったものなどで球体はよく使用されているため、専門の業者が多いのではないでしょうか。

Previous Article
Next Article

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

安心の自費出版をチェック!

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版まで

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。