ダークウェブの説明と犯罪事例に使われたケース

ダークウェブは特定のサーバーを使い検索エンジンに情報が表示されない形式のインターネット情報であり、使用するには特定のソフトウェアや設定や認証キーなどが必要になります。アンダーグラウンドなSNSをイメージするのが近く、有意義な情報も多くありますが脱法的な情報や商材も少なくありません。
ダークウェブが犯罪に使われるケースもあり、犯罪事例としては非合法品の販売や不正に入手した個人情報を販売するケースなどが知られております。ダークウェブを通じて犯罪計画がされて実行されるケースもあり、不正や脱法だけではなく実際の脅威となっている側面が指摘されているのです。テロリズムや強盗犯罪などがニュースになり、きっかけがダークウェブであった事件もあります。企業の方は、このような事件に巻き込まれないように、インターネットにおける情報資産の管理を徹底しましょう。

Previous Article
Next Article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。