求職者が求人を見て確認したい事

正社員として雇う予定が無い場合は、契約社員、アルバイト等の雇用形態をきちんと明示します。これらは法に則った決まりですから、求職者は必ず、広告や求人票の内容を閲覧する時に確認します。

インターネット上の求人サイトに掲載される広告であれば、電子媒体に保存しておくのも有効です。トラブルが発生した時、労働者の武器になるからです。

その他の細かな条件については、各自で関心項目をチェックするようにします。何度も確認作業を繰り返すうちに、見分け方のコツが掴めるものです。例えば、給与が「20万から40万」などと記されている場合は、簡単に信用しなくなります。振れ幅が大きいということは、固定残業代、手当等が含まれることを意味するからです。

また、「週休2日」等にも引っ掛からなくなります。本当に週休2日制を布いている場合は「完全週休2日制」と謳っている場合が多く、「週休2日」とあるだけでは信用できないのです。

Previous Article
Next Article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。