施工担当者と話して決める

外壁塗装をお願いする場合気をつけねばならない事がいくつかあります。中でも、飛び込みの営業マンに、「すぐやらないと大変なことになりますよ」と半ば脅し文句のような言葉には注意した方が良いでしょう。そういった言葉に惑わされて後悔したという話を聞きました。もちろん営業マン全てが悪いわけではないですが、営業マンを置かない業者さん(職人さんが営業を兼ねている場合は別です)に的を絞って探すというのも1つの方法かもしれません。営業マンがどのようにいい話ばかりしてきても、それが本当に生かされているか、わかりません。現場を工事期間中、毎日のように訪れ職人さんに注文を付けるような営業マンは現実考えずらいです。それは、やむを得ないところもあります。営業マンは、契約を1件でも多くとるのが仕事、職人さんは指示された範囲でできる限り最善を尽くすのが仕事。その間に行き違いがあれば、大事な我が家の将来に、もろに影響されるのです。できれば施工担当者と直に話したほうがすれ違いが減る可能性があります。

Previous Article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。