Uncategorized

  • 個人で行う宣伝

    自費出版はアマチュアが行うことが多いので、一般的にはネームバリューがない状態で売り出さなくてはなりません。余程インパクトがあれば別ですが、上手く宣伝をしていないとそもそも手に取ってもらうことも難しいですし、書店で自費出版の本を宣伝してくれるとは考えにくいと言えるでしょう。自費出版を行っている出版社側でも、宣伝まで行ってくれるという場所は非常に少ないと言われています。そうなった時、最終的な宣伝は自分の力で行わなくてはいけなくなります。 個人で行う手軽な宣伝方法は、SNSを利用するという手段です。SNS上で繋がりが多い人であれば、そこから広めてもらえるという可能性も高いと言えるでしょう。また、あらすじや面白いポイントなどを読みやすくブログなどでまとめることで、興味を持ってもらえるパターンもあるでしょう。書店に行けば、まず表紙や背表紙のみの情報しか入りませんし、そこから中身を見てもらえることはさらに少ないです。場合によってはタイトルすら目に留めてもらえないこともあります。足りない情報を自分で補うと考えて作成するのが良いと言われているそうです。次に、インターネットではなく実際にチラシなどを作成する方法です。例えば絵本を自費出版したのでしたら、絵本の専門店に置いてもらえるよう頼んでみることや、自分がグルメ関係の自伝などを自費出版した場合のチラシは、関連性のある飲食店に置いてもらえる可能性があります。ただし繋がりがない限りは断られてしまう可能性も高いので、事前に連絡を入れて確かめることや、自費出版だからという理由を説明しても良いかもしれません。チラシを作るためには当然費用が掛かりますので、よく確認しましょう。

  • 日常生活に活用できる新たな価値を持った定番商品

    この商品にしか無いだろう!という唯一の特徴を備えた「新たな定番文房具」。その特徴の本質を見極めて、日常生活に活用できる新たな価値を持った定番商品です。 今、ネット検索をすれば欲しいっ!と思うものは容易に見つけることができ、ありとあらゆるモノを簡単に手に入れることが出来るようになっています。モノが飽和してしまう時代です。 それに伴って、私たちの生活様式も変化してきており、モノに求める基本的な機能=定番も少しずつ変化してきている気がしています。そうした新しい要求に対応する「新たな定番文房具」には、時流の変化に対応する柔軟性も求められるのかもしれません。当然のことながら、筆記用具としての本質において優秀なモノであることは必要条件になるでしょうし、今までの定番文房具の基本的な特性を超越したモノであることも求められるかと思います。そして、やはり日常生活に活用できるモノでなくては「定番」とは言えないでしょうから、日々使うことができ、何年も「愛でる」ことができる事が大切ではないでしょうか。簡単に直ぐにモノを買うことができる今だからこそ、その特徴の本質を見極めて選ぶ必要がある気がします。 紹介するのは、戦前の日本の書き味を改めて実感できそうなペンです。万年筆ブランドの復刻版がそうです。握り部分やペン軸の重心バランスが軸の中心に調整されているため、重量を意識することが少ないようです。そのため、文字を書き易く、長時間ペンを使い続けても疲れにくそうです。これからずっと使い続けることを考えると、戦前に愛されてきて今に復刻したデザインの普遍性は大事なポイントなのでしょう。名入りペンとして、贈り物や自己満足用の新たな定番として考えてみてはいかがでしょう。

  • 「これはっ!」と思える多機能ペン

    まさかの組み合わせや発想の転換等の細やかな創意工夫で脅威の進化を遂げている文房具。 まずは、使う人の気持ちを見透かしたような気の利く多機能のペンたちのなかでも、 「これはっ!」思えるようなモノを紹介していきます。 7種類の機能をもつペンがあるのです。5徳ナイフというのは聞いたことがありますが、7徳のペンというのはいかがでしょう。もちろんボールペンとして使いながら、スタイラスとしてタッチパネルに使うことができ、縮尺の異なる便利定規、プラスとマイナスを備えたドライバー、更に水平器としても使うことができるのです。これだけあれば、何かと助かる場面が多そうです。改めて言うと、これらのペンはいずれも、筆記用具としての基本的な機能を保ちつつ、添加されている機能も、それだけで実用的な機能であることが特徴です。 同様に8つもの芯を備えたペンがあるのです。つまり8つのペンを1つにまとめてしまったということです。HB鉛筆、赤鉛筆、蛍光色ピンク鉛筆、蛍光色イエロー鉛筆、黒と赤と青の3色ボールペン最後にPPCノンコピー(コピーをしても写ることのないブルーの芯のこと)を使うことができます。1本で8つの機能があるなんて、かなり魅力的です。ダイアリーに予定行事を書き込む時に、居容易に色分けできたりするので重宝します。 そして、多種類のペンといっても、これは少し発想が異なります。1本のボールペンに2種類の異なる黒インクが入っているちょっと変わったペンです。インクは0.5mmの黒ゲルインクと0.7mmの赤、黒油性ボールペンの組み合わせです。例えば、サインするときは油性ボールペン、ダイアリーには細いゲルインクを使うとか、シチュエーションによって直ぐにストレスなく使い分けることができるのです。

  • 蛍光マーカー付きボールペン

    まず、最初に紹介するのは蛍光ペン付きボールペンです。 ヘッド部分に蛍光ペンの機能を備えた複合機能のボールペンです。赤、青、黒と3色のボールペンは油性インクを使用しているので、スルスルと文字を書くことができます。そのうえに、クルッと逆さにしてフタを取ると中からでてくる蛍光ペンで、マーカーとして使うこともできるので、利便性が高いのです。 そして、同じ蛍光マーカーでも筆ペンと組み合わせたペンがあります。これが意外と使い勝手が良いようです。通常の硬いペン先の蛍光マーカーだとマークするラインの太さを変えにくかったのが、ペン先を筆ペン状にする事で、自由に素早く蛍光ラインの太さを調整できるのです。ちょっと考えると、真っ直ぐに蛍光ラインを引くときに、使い勝手の良くない印象を受けがちですが、そんなときも均等な太さで引くことができるようで、引き心地も良いようです。 蛍光ペンをもう1つ。そもそもインクが「乾く」という事がないため、色がにじむ事がないゲル化剤でできた固形蛍光ペンです。勉強用のノートのような薄い紙でも裏写りしないし、ラインを引いて直ぐに手を触れても色が付くこともない。なんといっても、キャップの閉め忘れで、芯が乾燥してインクが出なくなってしまうことが無いのが有りがたい。いちいちキャップを付け外ししてラインを引くのは結構手間でしたよね。仮に、キャップを閉め忘れていたとしても、2日位は芯が乾かないそうなので、安心できますね。 そして、ホワイトボード用マーカーのペン先に蛇腹を採用したペン。筆圧を変えることで、まるで筆のようにペン先がしなって、強弱をつけた表現豊かな色々な文字をホワイトボードに描くことができるのです。  

  • 欲しくなっちゃう文房具

    欲しいっ思うものだけ、とことん検証して、選んでみました。 最近、文房具の新商品が立て続けに出てきています。しかも、その進化ときたら驚きです。 ところが、その商品数が非常に多いのでインターネットの情報から良いものを見つけ出すのは困難です。そこで、ここでは多くの商品を探し出して、実際に見て触って使ってみて検証したうえで、欲しいっと思われるであろう商品を紹介します。 限られたスペースでの使用や、時間短縮に対応する「ハッとする新発想文房具」や、この商品にしか無いだろう!という唯一の特徴を備えた「新たな定番文房具」、そして今までの商品にはない斬新なアイディアを盛り込んだ「あっと驚く斬新文房具」までをご紹介します。 今までのものの買い方選び方をもう一度見つめ直すと、日常のムダが少なくなり、日々の暮らし方をもっと気楽に、簡潔にすることができるのではないでしょうか。または、生活に楽しみとワクワク感を取り入れる事ができるのではないでしょうか。 あれも欲しい、これも欲しいと買い続けてしまうと、モノが増え続けてしまう生活環境に、、。 一方、一石二鳥の機能をもつモノであれば、持つ数を減らすこともできるし、気持ちもスッキリと生活できるかもしれません。 限られたスペースでの使用に耐えうるモノであれば、生活空間を今よりも、もっと有効に活用する事も可能になります。 或いは、時間短縮に対応できるモノであれば、生活時間をもっと有意義にできるのかもしれません。 そんな、今まであればいいなっと思っていたかもしれない文房具、斬新なアイディア、発想の詰まった文房具を集めて紹介してみました。 皆さんのうちからお一人でも、「すごいっ」「これ欲しいっと思う文房具がでてくると嬉しいです。    

  • プレゼント向きペン

    誰に贈っても良い文房具、ペンはプレゼントにベストではないでしょうか。 贈る相手を思い描きながらペンを選ぶ時間もまた、良い気分です。 美しい字が書けそうな気がする筆ペン。字の“はらい”等の運筆が容易だからなのでしょう。 書くときの力の入れ加減によって字の太さが変わってくるので、使いこなすまでは時間が掛かるかもしれませんが、慣れると何度も使いたくなる筆記用具、それが筆ペンです。 ところが、今まではあまり装飾に凝ったものは多くは無かった気がします。少なくとも、プレゼント向きになるような筆ペンは少なかったと思いますし、仮にあったとしても随分と高価でした。 でも、このところプレゼント向きの筆ペンを見かけました。軸には和紙が巻いてあり古の日本を代表するような模様が描かれています。醸し出す雰囲気もしっとりと大人の雰囲気です。 日本古来の筆。この伝統が手に入るなら、自分で使ってしまいたくなりますね。 そして次は、螺鈿加工の万年筆。螺鈿(らでん)加工という装飾技術をご存知でしょうか。貝殻の内面にある真珠層という煌びやかな部分をちりばめる装飾の仕方のことを言うそうです。遠い昔およそ奈良時代の頃、中国から伝わってきたという事ですから、こちらも長い伝統がありますね。 その螺鈿を装飾として使用した万年筆があります。それだけでも十分にスペシャルな感じがします。 そして、この螺鈿加工の万年筆は実用性もあるのです。通常、万年筆はインクが乾いてしまう事の無いように、キャップを使用することが多いのですが、それを使用せずノック式万年筆になっています。 万年筆をあまり使ったことのない方にとっては、慣れないキャップ式の万年筆よりも使いやすいそうです。ノック式万年筆、しかも螺鈿加工のもの。これは、贅沢なプレゼンではないでしょうか

安心の自費出版をチェック!

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版まで

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。