Uncategorized

  • 封筒、はがきの書き方

    封筒、はがきの書き方

    封筒に入れる手紙が長文に及ぶ場合、安易に封じてはいけません。手紙の執筆は下書きに始まり、推敲、清書、点検を経ない限りミスが生まれます。推敲とは、書き上げた草稿を何度も読んで加筆、修正することです。どんなに文章力ある人でも一度で完成させることなどできません。清書はこの推敲を経た文を丁寧に写すことを意味します。最後に総点検して完成します。 さて、封筒の宛名は真ん中に大きく書くようにします。住所は都道府県に始まり、室番号まで詳しく書きましょう。「~様方」を書くときは改行するようにします。全体のバランスとしては、住所は宛名より下に伸びないようにとどめます。宛名は一行におさめる方が望ましいでしょう。漢数字は紛らわしく、住所で用いる場合は誤配に繋がりかねません。特に注意しましょう。「親展」「急信」は、切手の下に書くと良いでしょう。封じ目に市販のシールを用いるのも構いませんが、改まった手紙では考えものです。 はがきも書式の基本は封筒、手紙に準じます。ただ前述したようにあくまでも略式です。用件を簡潔に書くよう心掛けましょう。差出人の住所は表に書くのが一般的ですが、適宜裏に書いても構いません。年賀状は印刷したものが増えましたが、簡単な挨拶くらいは手書きで記すことで、相手に良い印象を与えます。黒色のインクを使い、万年筆で書くのが理想です。また招待状等の往復はがきには、返信用の宛名が予め印字されています。名前の下に「行」と書かれているので、それを二本線で消し、「様」あるいは「御中」と書き直します。自分の名前を書くスペースに「ご芳名」とある場合は、「ご芳」を消すのが礼儀です。

  • 手紙の書き方

    手紙の書き方

    先ず書き出す際の言葉について述べますが、頭語や起筆と呼びます。一般的なのは「拝啓」、「拝復」等でしょう。畏まった文では「謹啓」が用いられます。最近の傾向としては、親しい関係の相手には、こうした慣用句が使われなくなっています。 次に時候の挨拶に触れましょう。季節によって挨拶文は変わります。例えば「炎暑の候・・」という具合に。都市部では実感が湧かないこともあるので、決まり文句を多用しないことも大切です。お見舞いや急用の手紙では省略されることも少なくありません。 前文で送り相手の安否を尋ねれば、丁寧な印象を与えます。自分や家族の近況を述べる際は後回しにしましょう。返事が遅くなったり、久しく便りを寄せなかったりした場合は、前文で詫びておきましょう。 主文の書き起こしとしては、「さて」、「ときに」等を用います。主文のスタイルは自由ですが、用件が的確に伝わるように配慮する必要があります。末文にはこれまた挨拶文を用います。「まずは用件のみ」等が無難でしょう。結語は頭語に照応させなければなりません。例えば「拝啓」には「敬具」、「前略」には「草々」といった具合です。 手紙を出す時のマナーとしては、親しい間柄であっても、それなりの節度を守ることが重要です。また用途に応じた書式を身に付けなけれなりません。その他基本的な心得ですが、返信する場合は時機を違えないこと、敬語や誤字には気を付けること、便箋の模様にも気を配ることを忘れてはいけません。また気にかけたこともない人もいるでしょうが、封書とはがきも使い分けましょう。はがきは身内や友人との間で交わされるものです。第三者に見られても差し支えない内容であることが基本です。他方、手紙は封書の場合、目上の人に送ったり、重みのある内容だったりすることが多いでしょう。  

  • よく用いられる挨拶文

    挨拶文としてよく用いられる定型文を覚えた上で、適宜アレンジして使用するとよいでしょう。以下に例を挙げることにします。 まず前文ですが、①返信の挨拶としては、時候の挨拶を省き、「お手紙うれしく拝見しました」、「お返事が遅れて申し訳ございません」等を基軸に書き直すとよいでしょう。②まだ会ったことのない人に出す場合、「突然お手紙を差し上げる無礼をお許しください」や、「お目にかかったことはありませんが、お手紙させていただきました」 などと書き始めます。③安否を尋ねるケースでは、「お元気でお過ごしのことと拝察します」、「ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしでしょうか」といった言い回しは定番です。④逆にこちらの安否を伝える際は、「おかげさまで元気に過ごしております」、「相変わらず元気にしております」等が無難でしょう。⑤感謝の挨拶としては、「平素は何かとご高配いただき、誠にありがとうございます」のような定型文があります。参考にしましょう。 次に末文ですが、①相手の繁栄を祈るものがあります。「ご自愛くださいますようお祈り申し上げます」、「一層のご活躍をお祈り申し上げます」、「皆様のご多幸をお祈りいたします」等が知られています。②今後の世話をお願いする場合は、「今後ともご指導ご鞭撻のほどお願い致します」、「引き続き一層のご厚誼を賜りたく、お願い申しあげます」と記せば問題ないでしょう。③返事が欲しい時は、「恐縮ですが、折り返しご返事のほどお願い致します」、「お手数ながら何分のご回答をお願い申し上げます」のように、丁寧ながらはっきりと求めましょう。④最後に乱筆を詫びたり、「取り急ぎ(まずは)ご連絡まで」などと付言したりすれば、より丁寧な印象を与えることができます。  

安心の自費出版をチェック!

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版まで

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。