筆記具

  • 新社会人へのお祝いにペンがぴったりな理由

    何かの折に、お祝いの品を贈る、というのは人間らしくて、文化的な素晴らしい行為です。 それだけに、ものを選ぶのが難しいものでもあります。 大切に思っている人に対してほど、その大切に思っているという事実を表現するようなものをあげたいと思いますから、半端なものでは納得がいきません。 あるいは、仕事で取引のある相手などに贈答するとしても、とにかく礼を失しないように気をつけるべきですし、さらにポジティブな評価を得られれば、実利に繋る可能性も考えられますよね。 そんな儀礼的な文化の風習の一様態として、新社会人へのお祝いとしてペン類を贈答するという一種の典型はあります。 でもなぜ、新社会人へのお祝いに、ペンを贈るのが賢明な選択とされるのでしょうか。 そもそも社会人になるというのは、ライフサイクルの中でどのような位置にあるでしょうか。 社会人になる前は、幼稚園から小学校へ、中学校へ、高校へ、人によっては大学、大学院へ……というふうに複数回の進学のイベントが発生しています。 もちろん、どのイベントも非常に大事なもので、一度限りのものです。 しかし、少し大きなマクロ視点で見ると、進学のイベントという括り方をすれば、どの学校への進学も同じカテゴリーになります。 新社会人になる、というのは本当に一度きりのイベントです。 転職は大いにあり得ますが、もちろん新社会人になるという意味を含むものではないですよね。 新社会人になるというタイミングは子供から大人になるという成長の、明確な区切りの点です。これ以降の人生は、象徴的には「自立の時代」に入るわけです。 自立のために、仕事は最重要カテゴリーです。 人生=仕事と言い切ってしまうような、潔い主張を持っている人もいるほどです。 大人になってからの署名、サインは、責任の所在を明確にするものです。 よくある話ですが、そうした意識が薄いと、悪質な詐欺グループが契約内容を偽っているような契約書に、よく読まずにサインしてしまう、といったような事態を招きかねません。 職場で書き記した情報は、ちょとしたメモ書きでも、社外秘が原則。 シュレッダー処理をしないと破棄してはいけない、というルールのある会社も多いです。 社会人になって以降、自ら手書きする文字の価値というものが、格段に重くなるのです。 そうした重要な筆記行為のための用具として、良いものを贈るというのは、送られる側の気持ちにとっても、大きな価値を持つものです。

  • 名入れペン

    卒業式や入社祝い、その他のお祝い事の際に贈り物として名入りペンはとても喜ばれます。自分のイニシャルや名前が刻まれたペンを贈られると、「これから自分のいろいろな場面で活躍する一本」といった意味あいや「自分だけの一本」といった気持ちになり、送られた方の人生の節目、節目を祝うものとしてとても良い記念となるのではないでしょうか?また、イベントや展示会、○○周年を祝う催し物といった場面で、名入れされたペンをノベルティグッツとして広く配布することにより、単なるチラシやリーフレットのように一度見られて捨てられるようなことは無く、ペンとして使用され、ペン立てに置かれることにより、会社名の入った名入れペンが広告効果を持ちます。 このように個人でのお祝いの贈り物として、または企業のノベルティグッツとしての名入れペンは、ペンを選ぶ時も名入れをしてもらう時にもおさえておくポイントがあります。まずはじめに名入れをしてもらう前に、「ペンの質」、「品揃えの豊富さ」をチェックする必要があります。やはり一定以上の品質で、多くの品揃えの中から「このペンに名入れをしたい」と具合に決めていきたいものです。 また「この1本」とペンが決まっても、名入れする段階で、名入れの文字数の制限がありますので、何文字まで名入れが可能かを調べた上で、実際に名入れする文字数を決めていきたいものです。さらに名入れする文字のパターンにどれだけのバリエーションがあるのかをチェックしましょう。文字のパターンや文字の大きさによって名入れ完了時の見栄えも大きく変わりますで、できれば事前にチェックしながら決めていきたいものです。 名入れの精度も大事です。同じ文字のパターンでも、名入れの技術により名入れ後の見栄えが大きく変わってきます。ぱっと見ただけではわかなくても、1文字1文字の文字のかすれや、文字の浮き具合など、制度の高い加工を施してもらいたいものです。アクセサリーのラインアップも要チェックです。 名入れペンをしまうケースのバリエーションなども注文する先によって違ってくるからです。何本から注文可能かといった最小ロットもチェックしておきましょう。実際に贈ったり、配布する日に間にあうように納期・配送についてもチェックしておきしょう。

  • その他のボールペン

      ・多色ボールペン・・・1本のペンで黒や赤、青や緑のインクを使い分けることができる多色ボールペン。色を変えるたびに別の色のボールペンに持ち変える必要が無く、ノックをするだけで違う色に変えられます。色によって記入した内容のカテゴリ別に文章を読みやすくしたりする時に非常に重宝します。手帳などにに色分けして予定を書き込む際に便利なので、すでに使っている人も多いのではないでしょうか。   上記の使い方に加えて、最近では色の分け方にルール付けをして多色ボールペンを使った活用術をはじめ、様々な情報の整理術に活用することができます。   ・多機能ペン・・・ボールペンとシャープペンシルを使い分けることができる多機能ペン。商品価格は割高な感じもしますが、使い勝手が良いので、長く使うのであればかなり重宝な1本と言えるのではないでしょうか?またノベルティとしての効果もありますので記念品としても最適です。           このように用途に分けてボールペンを選んでいきますが、ここでボールペンの種類と長所および短所をまとめてみます。ボールペンには油性ボールペン、水性ボールペン、ゲルインキボールペンがあります。  ・油性ボールペン       インクは染料に色素を加えて色付けし、さらに油と溶剤や樹脂を加えて製造します。 特長としては、「耐水性がある」、「筆跡が変質しにくい」、「にじまない」、「一度に書ける筆記距離が長い」、「カーボン紙等の複写に適している」、「太さが豊富にある」といったことがあげられます。  ・ゲルインキボールペン     インクは染料に顔料を加えて色付けし、さらに水とゲル化剤を加えて製造します。 特長としては、「にじみにくい」、「書き味がなめらか」、「色調があざやか」、「耐水性がある」 といったことがあげられます。  ・水性ボールペン      インクは染料に顔料を加えて色付けし、さらに水と水性染料または水性顔料を加えて製造します。特長としては、「耐水性がある」、「書き味がなめらか」、「色調があざやか」、「色調があざやかで濃い」といったことがあげられます。

  • デザインや機能

    ボールペンはデザインにもこだわりたいですよね。値段が数百円という価格帯が多いですから、選び方も多くていいと思います。エクセレントなデザインのボールペンも、手頃な値段で入手できます。個性的なデザインのボールペンは、使っていても気分の良いものです。一緒に使う手帳や書類ケースの味わいにに合わせて、ボールペンを選ぶのもおすすめです。ワンポイントとして取り入れるなど、その日のファッションとのコーディネートを楽しむこともできそうですね。   次に機能面でのボールペン選びを紹介します。 ・アクロボール・・・しっかりと濃い油性ボールペンで、書き出しからスムーズに書けます。 ・Vボール・・・便利なノック式のボールペンで、書き味の滑らかさは水性インクならではの味があります。 ・ジュース・・・彩り豊かに揃っています。鮮やかさが特徴的なゲルインクのボールペンです ・フリクション・・・証書類や宛名書きなど、消えてはいけないものには使用できませんが、こすると消える フリクションインキを搭載した画期的なボールペンです。、ノートや手帳、メモ書きなど、書いたり消したりする場合にはたいへん便利です。他のボールペンに比べると少し割高になってしまいますが、機能性に加え、スタイリッシュな見た目もさることながら、良い意味で「フリクション=消せるペン」が定着して、ビジネスシーンをはじめ、学校やご家庭やなど様々なシーンで幅広く使われています。 ・ゲルインキボールペン・・・ゲルインキボールペンは単なる水性ボールペンでは無く進化した水性ボールペンと言えるでしょう。ゲルインキボールペンは水性ボールペンの欠点であるである「にじみやすさ」を解消したボールペンです。ただしあえて欠点を言いますと、他のボールペンに比べインクを消費するスピードが極端に早いことです。 発色良く、筆跡も美しいゲルインキボールペンですが、寿命を考えるなら、油性ボールペンをおすすめします。

  • ボールペンの使い分け

    さらにボールペンの使い分けには以下のようなものがあります。郵便物の宛名書きを行う際に細字のボールペンで書くと細くて読みずらかったりします。封筒の宛名書きには、通常の中字ボールペンの倍以上のボール径の超極太ボールペンをオススメします。超獄太のボールペンで書かれた文字は、サインペンよりも、しっかりとした存在感のある字で、見栄えがいいです。これは、あまり知られていないことですが実は超極太ボールペンは、人気があり、中字ボールペンの次に売れている商品です。 このようにボールペンの芯の太さも、ボールペンを選ぶ際のポイントです。使う方の好みもありますので、細い字の感じを好む方、はっきりとした太い線が落ち着く方などがあるでしょうが、用途に応して芯の太さを選ぶことも大切です。まず、メモ書きなど日常的によく使われるのは、中字タイプです。ご自身の書く文字の大きさから判断して、バランスの良い芯の太さを選ぶと良いでしょう。書き込むスペースが限られている付箋や手帳やなどには、水性インクかゲルインクの極細タイプがおすすめです。 罫線の幅が狭い便箋やノートなどの場合も、細めのタイプが適しています。宛て名やラベルなど文字を目立たせたい場合は、太めから極太のタイプを選びましょう。用途に合った芯の太さを選ぶことで、書きやすさも見やすさもアップします。次にボールペンの軸・ボディの太さ選びのポイントを紹介します。 手のサイズやペンの握り方やなどで、扱いやすいボールペンの軸・ボディの太さは違ってきます。馴染み具合や書きやすさを確かめるためにも、購入する前に実物を持って重量感、持ってみた漢字を確かめてみてください。ご自分の手の形字を書くときの書きやすさを踏まえて選ぶことをおすすめします。

  • 進化する油性ボールペン

    仕事などで圧倒的に使用される機会が多い油性ボールペンですが、従来では油性のボールペンはしっかり書けても、 なめらかに書けない欠点がありました。   そのため従来では、なめらかな書き味は水性やゲルの特性でしたが、最近では、各社でインキの改良が行われ油性でもなめらかな書き味を実現したボールペンが登場しています。 ・油性ボールペンの改良点 各メーカーで従来の書き味の良くない所を改良して現在に至っているわけですが、具体的にどのような改良が行われていったのかを紹介します。 ・インクの粘度(ねばつき感)を低くし、さらさら感を出すことにより、流れるような書き味を実現し、書きはじめのカスレも限りなく無くしています。 ・ 画期的な新インクを開発し、「極めてなめらかな書き心地」を実現し、描線の乾燥性に優れ、濃くはっきりとした描線を実現しています。    このように各社共、従来の油性ボールペンよりも「書き味重視」と言った具合にボールペンを使う人のニーズにあわせた商品を次々と発表しています。仕事の場面で特に油性ボールペンで書く場面が多い人ほど、やはり書き味というのは良いほうが字を書いていて心地良い面もありますので、各社共、ニーズを調査したりしながら改良を重ねています。 一方で使用する方はどういうペンの選び方をしていますか?一般事務等の書類では書類の種類にもよるでしょうが、まずは油性ボールペンを使用し、消えない字を書けば目的の大部分は果たしたことになりますが、それ以外の書類はどうでしょう?字を書いた後の見栄えの良さや、強調して読み手に伝えたいところをあえて太字で書いてみるといった必要も出てきます。体表的な例は履歴書です。では、履歴書を書く時に適した筆記具は何でしょうか?昔から、使われているのは、万年筆です。読み手にも良い印象を与えることができる上、文字がかすれることなく、きれいに書くことができますす。 しかし昨今では、値段が高い、使い慣れていない、などの理由から”万年筆離れ”が進み、ボールペンで書く方が多いようです。ボールペンを使用することが多い昨今ですが、履歴書を書く時にいろいろ工夫している方も多く、たとえば「ペンの太さを使い分ける」があります。通常ですと同じ太さのボールペンで履歴書を書きますが、自己PR欄など、特に読み手の目にはいりやすくなるように太字にするといった方法があります。    

安心の自費出版をチェック!

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版まで

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。