筆記具

  • プレゼント

    ワンランク上のお馴染み文具

    普段お馴染みの文房具をちょっとしたプレゼントとして選ぶならば、ひと工夫付け加えられた、ワンランク上のものが、贈り物として喜ばれることでしょう。たとえば、ペーパークリップは、使用頻度の高い文房具ですが、定番の楕円形ではなく、リング型や動物の形などさまざまな形のものがあるようです。普段は味気ないクリップをイチゴの形のクリップに変えると、仕事中でもほっこりしてしまいそうですが、そんな様子を想像しながらプレゼントを選ぶと楽しくなりそうです。 付箋も日常的に使用するアイテムで、形の可愛いものがたくさんあります。色のグラデーションをつけただけでも、さりげない可愛さがありますが、もっと主張の強いものを選ぶなら、人の形をして足と手の部分に粘着性があり、いろいろなポーズを楽しめる付箋がよいかもしれません。 おしゃれなペンケースもプレゼントとして効果的です。通常、ペンケースはファスナーか巻きペンケースですが、がま口の口金で開閉するタイプで、本革の細身のペンケースがあります。片手で閉じたり開いたりできるので使い勝手もよく、お手入れをしていれば艶が出て高級感が増し、一見輸入物にも見えるところも贈り物として喜ばれそうです。 少し意外性を狙ったところでは、色鉛筆のケースに入ったソーイングセットというのもありかもしれません。缶にはお馴染みの色鉛筆の模様がプリントされているため、中身も短い色鉛筆が入っているように思えますが、開けてみるとカラフルな糸やメジャー、小さなハサミなど、缶の蓋と同じ色鉛筆の模様がちりばめられた一式が入っていて、意外性と可愛さでテンションを上げるには効果的かもしれません。 ハサミをプレゼントとして選ぶ人は少ないかもしれませんが、全面ブラックコーティングされたテープなどの粘着物が刃にくっつきにくいタイプは機能性の面でも優れ、プレゼントされると嬉しいかもしれません。ただし、これにはデザイン性は求められないため、贈る相手を選ぶ必要はありそうです。

  • すごい!と言わせる文房具

    すごい!と言わせる文房具

    すごい!と言わせるユニークな文房具は、贈り物には最適です。 就職・進学など、新たな節目を迎える人にぴったりなのが、ナイフで丁寧に削ると削りかすが桜の花びらの形になる鉛筆です。削りかすが虹色で、受け取った人も気持ちも穏やかになりそうです。パッケージにひと言メッセージを添えて贈ると、大切な思い出として心に残るプレゼントになりそうです。 楽器を演奏する人には、どこででも五線譜が引ける定規が喜ばれそうです。スライダーにペンを差し込むと簡単に五線譜を引くことができ、ペンを差し込む穴が6つ付いているので、ギターのタブ譜にも利用できます。 また、整理整頓に凝る人には、文房具を美しく収納できるボックスがあります。色とサイズが数種類あり、磁石が内蔵されているため、側面を軽く持ち上げるだけで吸い付くように箱の状態になります。小さな箱を大きな箱にぴったり収めることもできるようです。 疲れ気味の人には、遊び心もある枕機能付きノートがよいかもしれません。外側がポリウレタンの柔らかいクッションで、触り心地もよく、忙しい人にひとときの癒しの時間をプレゼントをするすることができそうです。中身はシンプルな罫線で、リフィルもあります。 デザイン性の高いステープラーも選択肢としてよいかもしれません。テコの原理で軽い力で紙をとじることができるメタル製ホチキスは、デザイン性が高いばかりではなく、連続で使用しても疲れにくいという実用性も兼ね備えた優れものです。一般的なものより大きいですが、シンプルなデザインで高級感があります。 鉛筆を使う人にぜひプレゼントしたくなるのが、万年筆のような外見の補助軸です。本格的な見た目と鉛筆のギャップに遊び心が感じられ、プレゼントされた人は必ず使ってみたくなるかもしれません。

  • 不思議な文具

    世の中には、何に使うのかわからない不思議な文房具というものがあります。遊び心たっぷりで、贈った相手のリアクションを楽しむのもよいかもしれません。 たとえば、見た目がヒヨコの修正テープです。クチバシの部分からテープが出るようになっていて、かわいい見た目のものは使い勝手の点で劣るのではないかという印象を持ってしまいがちですが、とても握りやすくできているようです。自立しているため、机の上でもさっと手に取ることができ、なによりもそれ自体が癒しとなるのも魅力かもしれません。また、ハイヒールの形をしたステープラーも一見何の文房具かわかりませんが、女性なら見た目のインパクトで思わず手にとってしまいそうです。本来、ステープラーを含めた事務用品は、会社が備品にするようなものなので、デザイン性がほとんどありませんが、そんな概念を覆したものと言えるかもしれません。 さらに、ミニチュアの跳び箱を文房具コーナーで目にしたことがあるかもしれませんが、単なるオブジェと思うかもしれません。実は収納箱としての機能を果たし、サイズ違いでいつくもあり、文房具のサイズに応じて利用ができ大変便利なものです。跳び箱のデザインをうまく実用性に結びつけた優れものです。 また、海外では日本では発想のなかった文房具もあるようです。たとえば、鉛筆削りを巨大化したデザインのペン立てがあります。天然木削り出しで高級感を出し本来の鉛筆削りとしてではなく、ペン立てとして存在しているところがおもしろいところです。 そのほか、削りかすでさえ美しいレインボーカラーの鉛筆も意外性があり、感性に訴える文房具として贈り物に適しているといえるかもしれません。誰もが鉛筆の削りかすはゴミ箱に捨てられるものとして扱いますが、見逃しがちなところにさえ、遊び心や楽しさを見出すことのできるアイデア文房具です。    

  • 進化するボールペン技術

    近年のボールペンでは、筆記する際、その力でボールがボール受けの凹みに押しつけられ、ボールの回転を阻害されないようにするためのバネがチップ内に入れられていることが多いと言われています。 このバネは、とても小さいとされていながら、精巧なバネであり、しかも金属のボールを支えるための針金が、バネの先端に人差し指を立てたような形で突出しているようで、針金がボールと1点で接する構造となっているようです。 その先端の部分は、ボールが回転しやすいようにといった考慮がなされ、半球形に加工されているようです。これは、従来需要のほとんどであると言われていたスイス製の機械にはない機能であり、その工程の中で微細なバネを組み込むことはできないとされるため、脱脂後のチップに別の専用機で後ろからバネを入れ、蓋をしてバネが出てこないように加工しているとされています。 また、この微細なバネを作れるとされているのは世界でも数少ないとされており、トップシェアを誇るのは、なんと長野県にある会社と言われており、国内シェアはもちろん、世界シェアも誇っていると言われているようです。 チップが完成すると、インクタンクに圧入され、インクが充填されて中芯が完成という流れになるでしょう。 インクの充填は、芯の種類によって、チップ圧入前に行うものと、圧入後に行うものに分かれているようです。 ポリ芯や、インクタンクが細い場合には、タンクにインクを注入してからチップを圧入しているようです。チップを先に圧入してしまうと、空気の逃げ道がなくなってしまい、インクが入って行かなくなるからとされています。 粘度の高いインクは、先端が開いているタンクに注入しても、タンクの細さと粘度の高さでインクは前からこぼれません。 それに対して粘度の低いインクや、タンクが太い場合は、チップを圧入した後、注射針などを使ってインクを注入しているようです。 タイプによって蓋が付けられ、中芯の完成となるようです。

  • ボールペンのチップ作成の加工機

    チップを作成するために使用される加工機は、一枚の円盤に複数の加工行程を配置しているとされており、そのため全ての加工は同じタイミングで行われていると言われています。 一つの加工が終わったら、円盤が少し回転し、円周上に置かれている材料が次の行程のところまで移動する仕組みになっているようです。 円盤が回って材料が移動する時には、自然と円盤上に置かれた全ての材料が同時に動くということになるでしょう。 つまり、円周上で行われる各行程は同じタイミングで終了しなければならないと言えるのではないでしょうか。 行程としては「インクタンクに刺さる外径削り」「ペン先削り」「後ろから大きな穴を空ける」「前からボールの凹みを掘る」「ボールがインクへ向かう溝穴を掘る」「ボールを押すためのバネの入る凹みを掘る」「バネを入れる」「ボールを入れる」「ボールをカシめる」といったような加工が、大体一つの機械の中で順次、また同時多発的に行われているというイメージと言えるのではないでしょうか。 最終的に、ボールまで取り付けられた状態で機械から出てきたチップは、そのあとすぐに、専用の洗浄機で洗浄と脱脂を徹底されているようです。 これは、チップの切削作業工程の中で、大量の金属の切り粉と熱が出るため、加工中の機械は密閉された状態を保ち「熱冷まし」と「切り粉を流れ落とす」ために大量の油を浴びせながら加行を進めているとされており、それを綺麗にするための大切な工程であると言えるでしょう。 切り粉や切削油がチップに残っている場合、インク詰まりや変色などの不具合を起こしてしまうと言われています。 そのため、最終段階での洗浄と脱脂が徹底的に行われているようです。

  • ボールペンの「チップ」作成工程の豆知識

    「チップ」と呼ばれる部分は、ボールペンの先端にあるとされ、貫通穴が空いている小さな棒のことをさしているようです。 片側で「ボール」を保持し、その反対側で「インクタンク」に繋がっているとされ、インクをボールに誘導する働きのものをこう呼んでいるようです。 また「ボール」が先端にカシメられ、ボールと一体となった状態の部品の事を「チップ」と呼んでいる場合もあるようです。 チップの素材は、従来では「真鍮」が使用されていたようですが、近年は「快削ステンレス鋼」が使用されているとされ、パイプではなく、棒材から切削して製作されているようです。 棒材からの切削と聞くと、旋盤による「挽き物加工」を連想してしまいがちですが、このチップについては、かなり特殊な専用機が用いられ、切削からボールのカシメまで一気に行うとされているようです。 こういったチップ製造の専用機は、スイス製の工作機械がほとんど使用されているようで、そういったことから、品質は、どの業者でもある程度同じと言えるでしょう。 かなり複雑な複合加工機であるとされ、10工程以上あるとされる加工を、たった一つの機械の中で同時進行で進めていくと言われています。 チップの材料とされている「ステンレス鋼」という素材は、長いワイヤーのような棒状のものを工場に入荷し、細く短く切断されたあと、機械の中へ送り込まれるようです。 そして端からチップの材料を入れていくと、もう片方の端から、ボールのカシメまで終わったチップが完成されて出てくるという仕組みになっているようです。 この機械の特徴と言えるのは、ベルトコンベアに相当する部分が円盤状になっており、円盤が少しずつ回転することによって材料を運んでいくといった点にあるのではないでしょうか。

安心の自費出版をチェック!

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版まで

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。