自費出版の魅力

自費出版の魅力は、何と言っても「誰でも作家になれる」というところにあります。自分の書いた文章を本にするには、例えば公募の賞をもらうことや、自分がある分野で有名になって文章を書くという方法を取らなくてはならないのが一般的でしょう。しかし自費出版は、費用さえあれば自分も本を出版することができます。頼んだ出版社によってはプロの編集や校正を通すこともできますし、書店などの流通経路も確保してもらえます。ブログなどとは違い、本という形式になっていることで説得力が増す場合もあるでしょう。また、アマチュアならではの自由度があるのも自費出版の魅力です。プロは商売ですので、よほど挑戦的なものを書くという場合や知名度がある場合でなければ、売れるものを意識して書かなくてはいけません。出版社としてもそれでお金を稼いでいますので、作家の好き放題に書かせるということはまずしない場合が多いと言われています。しかし、自費出版の場合はそのような制限がありません。あまりにも過激なものや攻撃的なものは出版社側でストップをかける場合もあるそうですが、一般的なものでしたら好きに書いたものが出版されると言われています。今までなかったような本の場合は、意外にファンがついてベストセラーになることもあるかもしれません。実際に、自分の好き放題に書いた自費出版から商業出版になったというパターンもいくつかあるそうです。売上を意識して書かなくとも、自分で発信したいと思ったことのびのび書いて、さらに売上に繋がる可能性があるとすれば、非常に魅力ある出版方式と言えるでしょう。書店に並ばなくとも、自分のための一冊としてしっかりした本を持つのは意味があることと言えます。

Previous Article

安心の自費出版をチェック!

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版まで

おすすめの起業セミナー

起業セミナー 株式会社GOSPA

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。