ボールペンの使い分け(用途や読みやすさによってボールペンを使い分ける)

さらにボールペンの使い分けには以下のようなものがあります。
郵便物の宛名書きを行う際に細字のボールペンで書くと細くて読みずらかったりします。封筒の宛名書きには、通常の中字ボールペンの倍以上のボール径の超極太ボールペンをオススメします。超獄太のボールペンで書かれた文字は、サインペンよりも、しっかりとした存在感のある字で、見栄えがいいです。
これは、あまり知られていないことですが実は超極太ボールペンは、人気があり、中字ボールペンの次に売れている商品です。
このようにボールペンの芯の太さも、ボールペンを選ぶ際のポイントです。使う方の好みもありますので、細い字の感じを好む方、はっきりとした太い線が落ち着く方などがあるでしょうが、用途に応して芯の太さを選ぶことも大切です。
まず、メモ書きなど日常的によく使われるのは、中字タイプです。ご自身の書く文字の大きさから判断して、バランスの良い芯の太さを選ぶと良いでしょう。書き込むスペースが限られている付箋や手帳やなどには、水性インクかゲルインクの極細タイプがおすすめです。罫線の幅が狭い便箋やノートなどの場合も、細めのタイプが適しています。
宛て名やラベルなど文字を目立たせたい場合は、太めから極太のタイプを選びましょう。 用途に合った芯の太さを選ぶことで、書きやすさも見やすさもアップします。
次にボールペンの軸・ボディの太さ選びのポイントを紹介します。
手のサイズやペンの握り方やなどで、扱いやすいボールペンの軸・ボディの太さは違ってきます。馴染み具合や書きやすさを確かめるためにも、購入する前に実物を持って重量感、持ってみた漢字を確かめてみてください。
ご自分の手の形字を書くときの書きやすさを踏まえて選ぶことをおすすめします。
Previous Article
Next Article

安心の自費出版をチェック!

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版まで

おすすめの起業セミナー

起業セミナー 株式会社GOSPA

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。