自分で撮った写真を使う

イベントなどで撮影した思い出の写真や、お子様の日常を切り取った写真などを、“写真”という形以外で残したい場合、その写真を使ってオリジナルグッズを作るというのも選択肢のひとつではないでしょうか。

例えば写真を使ったオリジナルグッズを部屋に飾っておきたい場合、写真パネルや、写真入りの絵皿を作るというケースが多いでしょう。
写真パネルは、写真を大きく引き伸ばしたものを印刷したり、何枚か写真をあしらったデザインのものを印刷したパネルです。
通常の写真を飾る場合はフォトフレームに入れたりコルクボードに貼ったりが定番ですが、
パネル加工することで、よりおしゃれに飾ることも可能となります。

最近ではフォトブックも一般化してきました。
フォトブックは、写真を印刷した紙を本形式にまとめたものとなります。
予算やプランもさまざまで、気軽に作れる低予算なプランから、高級な紙などを使用した豪華なプランまで多岐にわたっているので、好みに応じて選ぶとよいでしょう。
結婚式の写真をまとめたフォトブックなどのように、人生にそう何度も無いような特別なイベントの写真であれば、思い切って豪華な装丁のフォトブックを作ってみるのもよいかもしれません。

また写真を使ったオリジナルグッズでは、缶バッジやマグカップなどであれば比較的安く作れるお店もあります。
業者によって作れるグッズの種類は違いますので、残したい写真が手元にある方は、調べてみるのもよいのではないでしょうか。

Previous Article
Next Article

安心の自費出版をチェック!

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版まで

おすすめの起業セミナー

起業セミナー 株式会社GOSPA

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。