名入れペン

卒業式や入社祝い、その他のお祝い事の際に贈り物として名入りペンはとても喜ばれます。自分のイニシャルや名前が刻まれたペンを贈られると、「これから自分のいろいろな場面で活躍する一本」といった意味あいや「自分だけの一本」といった気持ちになり、送られた方の人生の節目、節目を祝うものとしてとても良い記念となるのではないでしょうか?また、イベントや展示会、○○周年を祝う催し物といった場面で、名入れされたペンをノベルティグッツとして広く配布することにより、単なるチラシやリーフレットのように一度見られて捨てられるようなことは無く、ペンとして使用され、ペン立てに置かれることにより、会社名の入った名入れペンが広告効果を持ちます。

このように個人でのお祝いの贈り物として、または企業のノベルティグッツとしての名入れペンは、ペンを選ぶ時も名入れをしてもらう時にもおさえておくポイントがあります。まずはじめに名入れをしてもらう前に、「ペンの質」、「品揃えの豊富さ」をチェックする必要があります。やはり一定以上の品質で、多くの品揃えの中から「このペンに名入れをしたい」と具合に決めていきたいものです。

また「この1本」とペンが決まっても、名入れする段階で、名入れの文字数の制限がありますので、何文字まで名入れが可能かを調べた上で、実際に名入れする文字数を決めていきたいものです。さらに名入れする文字のパターンにどれだけのバリエーションがあるのかをチェックしましょう。文字のパターンや文字の大きさによって名入れ完了時の見栄えも大きく変わりますで、できれば事前にチェックしながら決めていきたいものです。

名入れの精度も大事です。同じ文字のパターンでも、名入れの技術により名入れ後の見栄えが大きく変わってきます。ぱっと見ただけではわかなくても、1文字1文字の文字のかすれや、文字の浮き具合など、制度の高い加工を施してもらいたいものです。アクセサリーのラインアップも要チェックです。

名入れペンをしまうケースのバリエーションなども注文する先によって違ってくるからです。何本から注文可能かといった最小ロットもチェックしておきましょう。実際に贈ったり、配布する日に間にあうように納期・配送についてもチェックしておきしょう。

Previous Article
Next Article

安心の自費出版をチェック!

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版まで

おすすめの起業セミナー

起業セミナー 株式会社GOSPA

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。