自分以外の人のための自費出版

自費出版という言葉の通り、「自分自身で」経費を賄って出版することという意味があります。

しかし何も、自分の作品を書籍化する、というパターンだけがあるのではありません。

 

作詞と依頼者・出版者が異なるケースとして多いのは、身内、家族の作品を出版するというものです。

祖父が趣味で詠んだ、50年分の短歌。祖母の何百枚とある水彩画。子供達が書いた元気なクレヨン画のコレクション。

こうしたものは、身内・家族にとっては、何物にも変えがたい宝物ですよね。

こうした身内の作品を、商業出版に載せるというのはそぐわない気がします。自費出版という選択肢がぴったりなのではないでしょうか。

まだ幼かったり、高齢なので自分で色々と手続きをすることができない、または負担になるという理由で代行してあげるという以外にも、誕生日や進学、還暦などのお祝いに秘密で本を作り、プレゼントするのも素敵です。

亡くなってしまった人が生前に書き溜めた文章を、一周忌に合わせて出版し、備えるというのも、とても良い供養になるのではないでしょうか。

 

自分も含まれることになりますが、俳句愛好会や詩のグループの作品集を出版するのも良いですね。アマチュア、趣味として作った作品で、少し拙いところがあっても、自分たちのグループの活動の産物ですから、どんな本より貴重だと言えます。

 

企業の長い歩みや業績の記録を文章化して、書籍にすることは、社内には活気付けや帰属意識の高揚、社外に対しては業績アピールになります。

それだけでなく、単純に、資料価値も高くなるでしょう。

100年以上ネジを専門に作ってきた工場の記録、なんていう本があったら、手にとって見たくなりませんか?

安心の自費出版をチェック!

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版まで

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。