古書店の立地

古書店の未来を考えた場合、新古書店でないかぎり、最寄り品の商店として成り立たせていくのはかなり難しいのではないかと思います。 もっとも本の買い取りに関しては、最寄り商唐としてやっていける可能性がまだ残っていると思われます。 そのためにも、店の立地条件について十分に考慮すべきでしょう。 古書店の場合はほかの商売と違って、本の販売と買い取りの二つの面をもっているのがその特徴です。 また、多くの商売では販売がメインになりますが、古書屈の場合は仕入れのほうが重要だともいえます。 したがって、お客様が庖に本を持ち込むことを考慮して、それに適した立地を選ぶことも重要です。

 

安心の自費出版をチェック!

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版まで

About Us

我々は、静止についての情報を提供し、また、愛と興味深い人々のための自己出版!私たちと一緒に楽しんでみましょう。

連絡先: info@ustainableaglandtenure.com

免責注意事項

このWEBサイトに掲載しております情報を利用する際は、すべて閲覧者自身の責任でお願いします。当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者が判断および行動したことにより、いかなる結果や被害が発生した場合においても、当サイト運営元は一切責任を負いませんのでご了承ください。なおこのWEBサイトに掲載しております情報は、全て掲載時におけるものです。掲載後、状況の変動により実際と一致しなくなる場合や、予告することなく情報の修正を行う場合も存在します。